【ドゥカティ スクランブラー アイコン 試乗】アクセル開け始めのドカンとくる力強さが◎…青木タカオ

モーターサイクル 新型車

ドゥカティ スクランブラー
  • ドゥカティ スクランブラー
  • ドゥカティ スクランブラー
  • ドゥカティ スクランブラー
  • ドゥカティ スクランブラー
  • ドゥカティ スクランブラー アイコン
  • ドゥカティ スクランブラー アイコン
  • ドゥカティ スクランブラー アイコン
  • ドゥカティ スクランブラー アイコン
『モンスター796』から受け継いだ803ccの空冷Lツインは、スロットルレスポンスが鋭く、アクセルを開けるのが楽しい。ガバッと開けてやれば、フロントがポンと浮くほど力強いのだ。

低中回転域からトルクがモリモリで、街中でのストップ&ゴーの繰り返し、ただそれだけで面白い。車体が軽いし、ライディングポジションもアップライトだから、気軽に乗れるのがいい。

高めのギヤを使って、Lツインならではの鼓動感を楽しみつつノンビリ走っても楽しいし、高回転まで引っ張り上げてガンガン走っても音を上げない。ワイドレンジで神経質さがなく、ビッグバイクビギナーにも馴染みやすいだろう。

車名は『スクランブラー』だし、ブロックパターンの太いタイヤを履くことから、乗り心地はオフ車に近いかと想像したが、車体の動きはバランスの良いネイキッドスポーツ。コーナリングでは素直に車体が寝ていくし、タイヤからのノイズも気にならないレベル。ハンドリングにクセがなく、ワインディングでも軽快にスイスイ走る。

狭い路地やフラットダートに入っても苦にならない。ハンドル切れ角がしっかりあって、エンジンも低い回転で粘るからコントロールしやすい。前後サスの路面追従性も良く、絶えずしっかりとしたトラクションを感じていられる。

つまりツーリングや街中で、この先どうなっているんだろうっていう脇道に臆せず入っていける。これは良き相棒になりそうだ。

■5つ星評価
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
コンフォート:★★★
足着き:★★★★
オススメ度:★★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト
バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。国内外のモーターサイクルカルチャーに精通しており、取材経験はアメリカやヨーロッパはもちろん、アフリカや東南アジアにまで及ぶ。自らのMXレース活動や豊富な海外ツーリングで得たノウハウをもとに、独自の視点でオートバイを解説している。現在多くのバイク専門誌、一般誌、WEB媒体で活動中。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】ハブステア採用の電動スーパーバイク、2017年に発売か…サイエッタ

    【人とくるまのテクノロジー16】ハブステア採用の電動スーパーバイク、2017年に発売か…サイエッタ

  2. ハーレーの次世代ダートトラックレーサー XG750R がレースデビュー

    ハーレーの次世代ダートトラックレーサー XG750R がレースデビュー

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  4. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  5. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  6. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  8. 二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

  9. ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

アクセスランキングをもっと見る