【KTM RC250 試乗】ライバル凌ぐ本格装備でスポーツライディングを気軽に…青木タカオ

モーターサイクル 新型車

KTM RC250
  • KTM RC250
  • KTM RC250
  • KTM RC250
  • KTM RC250
  • KTM RC250
  • KTM RC250
  • KTM RC250
  • KTM RC250
スーパースポーツルックで見た目からは前傾姿勢が厳しそうだと思いきや、ハンドルが高い位置にセットされ、長い時間乗っても疲れない。単気筒エンジンがゆえに微振動を感じるが、このアップライトなライディングポジションならツーリングもそつなくこなしそうだ。

シートも前後サスも硬めで、カッチリとした車体は走り出した途端にスポーティな走りを予感させる。水冷単気筒エンジンは低回転域から力強く、高回転まで一気に伸びていくから気持ちがいい。常用回転域では扱いやすく、ストップ&ゴーを繰り返す街乗りもワインディングも、もたつくことなくキビキビ走る。

ハンドリングはシャープで、コーナリングではスパンと車体が寝ていくが、神経質な部分はなく、スポーツライディングを気軽に楽しめる。走りを学ぶための入門用に、あるいは上級者が遊び尽くすのにも最適だろう。

250クラスはライバルも多く激戦区となっているが、ラジアルマウントキャリパーやWP製の前後サス、スリッパークラッチの装備など、セールスポイントが多いのも魅力。

エンジン、足まわり、車体のバランスが良く、いずれにも物足りなさはなく、レブリミッターが効くまで使いきれるという乗りこなしている感覚、そして1クラス上の装備がRC250の最大の魅力だ。

■5つ星評価
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
コンフォート:★★★
足着き:★★★
オススメ度:★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト
バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。国内外のモーターサイクルカルチャーに精通しており、取材経験はアメリカやヨーロッパはもちろん、アフリカや東南アジアにまで及ぶ。自らのMXレース活動や豊富な海外ツーリングで得たノウハウをもとに、独自の視点でオートバイを解説。現在多くのバイク専門誌、一般誌、WEB媒体で活動中。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

    トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  2. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  3. 二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

    二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

  4. ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

  7. ヤマハ、ナイジェリアに再参入…二輪新工場を開業

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  9. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

アクセスランキングをもっと見る