【ボルボ V40 D4 SE 試乗】スポーツモデルに匹敵するほどの力強さ…島崎七生人

試乗記 輸入車

ボルボ V40 D4 SE
  • ボルボ V40 D4 SE
  • ボルボ V40 D4 SE
  • ボルボ V40 D4 SE
  • ボルボ V40 D4 SE
  • ボルボ V40 D4 SE
  • ボルボ V40 D4 SE
  • ボルボ V40 D4 SE
ボルボの新パワートレーン戦略はなかなか意欲的だが、その中に、最新のセンスで仕上げられたディーゼルエンジンが用意される点は見逃せない。しかもそのディーゼルが、もっとも身近な『V40』にも搭載される…のである。

搭載するのは、デンソーの高燃圧燃料噴射システムを採用した2リットル インタークーラー付きターボで、190ps/40.8kgmのパフォーマンスを発揮するというもの。組み合わせられるのはアイシンAWと共同開発の8速AT。JC08モード燃費は20.0km/リットルというものだ。

走らせてみると、実に爽快。始動時に耳にするエンジン音こそディーゼルだが、走り出してしまえば、まるで気持ちのいいガソリン車のよう。特筆すべきはV40との組み合わせでは出足からのトルクがスポーツモデルに匹敵するほどの力強さということ。また吹け上がり、伸びもまったく不満なしだ。

さらに(合理的な説明がしにくいのだが)ガソリンエンジン同様の“DRIVE-E”らしさがいい。それはエンジン音や振動、レスポンスを始め、そのパフォーマンスがクルマの所作と見事に一体化した印象。メカが主張し過ぎず、あくまで人が心地よく運転していられるクルマに仕上がっている点が、昔ながらのボルボの復活を実感させてくれる。

実用燃費だが、試乗車を借り受け、百数十kmの走行で17.0km/リットル。性能と心地いい走りっぷりでは十分なものだった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【マツダ アクセラ 試乗】とんでもなくいいものでごめんなさい…岩貞るみこ

    【マツダ アクセラ 試乗】とんでもなくいいものでごめんなさい…岩貞るみこ

  2. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】今度は目論見通りのクルマに…中村孝仁

    【トヨタ プリウスPHV 試乗】今度は目論見通りのクルマに…中村孝仁

  3. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】デザイン、走り、プリウスとは全く別のクルマになった…松下宏

    【トヨタ プリウスPHV 試乗】デザイン、走り、プリウスとは全く別のクルマになった…松下宏

  4. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】これがプリウスの本命だ…高山正寛

  5. 【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】非の打ち所がないとは、こういうことか…岩貞るみこ

  6. 【トヨタ プリウスPHV 試乗】「普段はEV、長距離レジャーはHV」具現化したミライ型プリウス…諸星陽一

  7. 【スバル WRX S4 スポルヴィータ 試乗】弁えた大人の高性能車…島崎七生人

  8. 【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

  9. 【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏

  10. 【トヨタ エスティマ 試乗】まだまだ現役! 史上もっとも気持ち良い走りと質感…青山尚暉

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら