【マツダファンフェスタ15 in 岡山】観客席がガラガラのイベント…? その理由もマツダならでは

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

マツダファンフェスタ2015 in 岡山
  • マツダファンフェスタ2015 in 岡山
  • 左から、マツダ 前田育男デザイン本部長、常務執行役員の毛籠勝弘氏と藤原清志氏
  • 人が少ない観客席。そのワケは…?
  • マツダファンフェスタ2015 in 岡山
  • マツダファンフェスタ2015 in 岡山
  • マツダファンフェスタ2015 in 岡山
  • マツダファンフェスタ2015 in 岡山
  • マツダファンフェスタ2015 in 岡山
今年で4回目を迎えた、「マツダファンフェスタ2015 in 岡山」。会場となった岡山国際サーキットには、前回の4030名を上回る4850名のファンが集った。

同イベントでは様々なコンテンツやプログラムを用意。サーキットコースでは、マツダのモータースポーツ活動を振り返ることのできるルマンマシン『787B』や『ファミリアロータリークーペ』などレジェンドカーに加え、スーパー耐久シリーズで活躍する『デミオ』や『ロードスター』など現役レーシングカーのデモラン、耐久レース、パレードランなどを開催。

パドックでは『LM55 ビジョン グランツーリスモ』が日本初展示され、注目を集めていた。ステージではトークショーやライブが行われており、その横のブースにはロードスターNR-Aとデミオ15MBのレース仕様車などを展示した。

中でもマツダらしいと言えるのが、「モノ造り」を伝えるコーナーや講座だ。エンジニア自ら、クルマづくりの思想や技術、車種の魅力や楽しみ方を解説したり、同社が歩んできた歴史を語る。ロータリーエンジンの模型組み立てやロードスターのペーパークラフト作りコーナーでは多くの親子連れが体験を楽しんでいた。

当日はエンジニアだけでなく、役員や広報などの社員も参加し、耐久レース(マツダファン エンデュランス)に出場した。常務執行役員の藤原清志氏と毛籠勝弘氏、デザイン本部長の前田育男氏は「人馬一体 役員ロードスター」チームとしてエントリー。

前田氏は「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース(4耐)にもこのチームで出ているけど、ここはまた違う雰囲気。もっと敷居が低くて、誰でも来られるし、初レース、初岡山という人がいっぱい出ている。それをやってしまおうというのがいいでしょう」と、ファンと走る貴重な場としての魅力を述べる。

マツダにはレースに出たいという社員が多く、その争いは厳しいようだ。「4耐に出られるのは1軍で、2軍は地方のレースとかに出ている。2軍で良い成績を出したら1軍に上がれるけど、上がってきたら我々誰かが落ちないといけないからね…」と前田氏。「サイドバイサイドになった時、にらみをきかせるとかね(笑)」と藤原氏も冗談交じりに語る。

「このイベントは観客席に人がほとんど居ないでしょう。みんなレースやパレードランに出たり、ブースで楽しんでいる。それがマツダならではだと思う」と毛籠氏が話すように、確かに観客席は人が少ない。この時期、各地でモータースポーツやメーカーのイベントが開催されているが、こちらは性質が違うようだ。ファンも社員も一緒にクルマを楽しむ。その精神が体現された一日だった。
《吉田 瑶子》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】F1レジェンドマシン、5台の参加が決定

    【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】F1レジェンドマシン、5台の参加が決定

  2. 【鈴鹿8耐】英国スーパーバイク王者ジョシュ・ブルックスの参戦決定…ヨシムラ2人目のライダー

    【鈴鹿8耐】英国スーパーバイク王者ジョシュ・ブルックスの参戦決定…ヨシムラ2人目のライダー

  3. トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

    トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

  4. 【鈴鹿8耐】BS12 トゥエルビ、過去レースダイジェスト版をニコ生で放送開始

  5. 2017年のロッシのチームメイトはヴィニャレスか!? 鈴鹿8耐にザルコ登場の可能性

  6. 【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】F1レジェンドやマン島TT参戦レーサーも登場…11月19日・20日

  7. 【レッドブル・エアレース 第3戦】史上初、空のレースクイーンが登場…コスチュームは“CA風”?

  8. 【レッドブル・エアレース 第3戦】「空のレースクイーン」ナンバーワンは誰だ!? 人気投票開催

  9. 【新聞ウォッチ】伊勢志摩サミットあす開幕、MRJ、ミライ、クラリティもお披露目

  10. 『グランツーリスモSPORT』は新しいモータースポーツの提案 ― FIAとの連携秘話も

アクセスランキングをもっと見る