セコム、民間防犯にドローンを活用したサービスを開始

航空 企業動向

「セコムドローン」の利用イメージ
  • 「セコムドローン」の利用イメージ
  • ドローン(イメージ)
セコムは、民間防犯用として世界初となる自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」のサービス提供を、12月11日から開始した。

「セコムドローン」は、セコムが長年培ってきた画像技術やセンシング技術、防犯・飛行ロボット技術を駆使し、セコム独自のコンセプト、ノウハウで開発した自律型飛行監視ロボット。

企業へのオンライン・セキュリティシステムや監視カメラシステムなどの普及が進んでる。セコムでは早期に異常を検出し、緊急対処や必要に応じて110番通報や119番通報し、顧客に「安全・安心」を提供している。

特に広い敷地の施設では、不審車(者)の映像を確実に捉えるため、敷地内に固定の監視カメラを設置するケースが増えている。固定監視カメラは防犯上有効ではあるものの、遠くにいる不審車(者)の、特定の決め手になる車のナンバーや、人の顔や身なりなどが不鮮明である場合がある。

監視カメラとLEDライトを搭載した「セコムドローン」が侵入異常発生時、対象の車や人に上空から接近、近距離で車の周囲を飛行し、車のナンバーや車種、ボディカラー、人の顔や身なりなどを撮影する。画像は、いち早く無線でセコムのコントロールセンターに送信することで、不審車(者)の追跡・確保に役立てる。

価格は月額5000円(税別)からで、工事費が80万円(税別)から。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  2. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  3. アメリカ軍のステルス戦闘機F-22、横田基地へ計14機が飛来

    アメリカ軍のステルス戦闘機F-22、横田基地へ計14機が飛来

  4. バンコクエアウェイズ、オーストリア航空とコードシェアを開始…東南アジア8路線が対象

  5. 横田基地日米友好祭、今年も MV-22 オスプレイを展示

  6. ANA、羽田=NY/シカゴ線や成田=メキシコ直行便を就航…北米・中南米ネットワークを拡充

  7. オスプレイも登場…恒例の横田基地日米友好祭、機内見学に長蛇の列

  8. ホンダジェット、欧州航空安全局の型式証明を取得

  9. A350 XWB と B787、次世代中型機のコックピットを比較してみた[写真蔵]

  10. 伊勢志摩サミット関連施設周辺でドローン飛行禁止…伊勢神宮や平和記念公園

アクセスランキングをもっと見る