セコム、民間防犯にドローンを活用したサービスを開始

航空 企業動向

「セコムドローン」の利用イメージ
  • 「セコムドローン」の利用イメージ
  • ドローン(イメージ)
セコムは、民間防犯用として世界初となる自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」のサービス提供を、12月11日から開始した。

「セコムドローン」は、セコムが長年培ってきた画像技術やセンシング技術、防犯・飛行ロボット技術を駆使し、セコム独自のコンセプト、ノウハウで開発した自律型飛行監視ロボット。

企業へのオンライン・セキュリティシステムや監視カメラシステムなどの普及が進んでる。セコムでは早期に異常を検出し、緊急対処や必要に応じて110番通報や119番通報し、顧客に「安全・安心」を提供している。

特に広い敷地の施設では、不審車(者)の映像を確実に捉えるため、敷地内に固定の監視カメラを設置するケースが増えている。固定監視カメラは防犯上有効ではあるものの、遠くにいる不審車(者)の、特定の決め手になる車のナンバーや、人の顔や身なりなどが不鮮明である場合がある。

監視カメラとLEDライトを搭載した「セコムドローン」が侵入異常発生時、対象の車や人に上空から接近、近距離で車の周囲を飛行し、車のナンバーや車種、ボディカラー、人の顔や身なりなどを撮影する。画像は、いち早く無線でセコムのコントロールセンターに送信することで、不審車(者)の追跡・確保に役立てる。

価格は月額5000円(税別)からで、工事費が80万円(税別)から。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

    羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

  2. ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

    ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

  3. ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

    ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

  4. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  5. エアバス、エチオピア航空 A350XWB 第1号機を引き渡し

  6. ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

  7. 羽田空港、ビジネスジェットの発着枠を2倍に拡大へ…ホンダジェットに追い風

  8. ボンバルディア、SWISSに CS100 初号機を納入…営業飛行開始は7月15日

  9. 羽田の国際枠拡大で経済効果は年6500億円…国交省試算

  10. ANA、羽田=クアラルンプール線就航…米本土線など羽田発着ダイヤを改正

アクセスランキングをもっと見る