ブリヂストン、高精度自動生産システム「BIRD」を報道陣に公開 | レスポンス(Response.jp)

ブリヂストン、高精度自動生産システム「BIRD」を報道陣に公開

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンの高精度自動生産システム「BIRD」。彦根工場にはBIRDが計16台ある
  • ブリヂストンの高精度自動生産システム「BIRD」。彦根工場にはBIRDが計16台ある
  • ブリヂストンの高精度自動生産システム「BIRD」。彦根工場にはBIRDが計16台ある
  • 写真はタイヤの一番内側にあるインナーライナーと骨格部材のプライを形成する工程。既存製法では1枚のシート状のものを貼り合わせるが、BIRDでは1インチごと短冊状にカットした部材をドラム上に貼り付けて骨格を形成する
  • トレッドとサイド部を成型する際、既存製法ではシート状の部材を貼り合わせるため、つなぎ目部分(ジョイント)ができるが、BIRDでは写真のように細いひも状のゴムを巻きつけるリボン製法を使うためジョイントがなくなる
  • BIRDによってリボン製法で成型されたトレッドとサイド部には、つなぎ目部分(ジョイント)がない
  • センサーでタイヤ1本ごとに品質情報を把握。BIRDではタイヤ1本あたり70種類の情報を取得する
ブリヂストンは12月8日、彦根工場(滋賀県)内にある最新の生産システム「BIRD(バード)」を報道陣に公開した。

彦根工場は、同社で4番目の国内タイヤ工場として1968年に操業開始。乗用車や小型トラック用のラジアルタイヤを日産5万3000本ペースで生産している。敷地面積は国内工場で最大の東京ドーム14個分。乗用車用タイヤの生産量でも同社最大の工場だ。

今回、報道陣に公開されたのは、彦根工場内で2005年から稼働している最新の生産システム「BIRD」。既存工場とは異なり、ITを駆使した高度な自動化によって高品質なタイヤを多サイズ・小ロット生産できる高精度自動生産システムだ。BIRDとは、Bridgestone Innovative Rational Developmentの略。「革新的で合理的なシステムであり、世界に羽ばたく」という意味が込められているという。メディアに広く公開されるのは今回が初めてで、機密保持のため、工場内での撮影は一切禁止とされた。

BIRDの開発コンセプトは、三つからなる。一つ目は品質向上で、高品質タイヤの場合は、丸さや均一性の向上がそれに当たる。二つ目は、完全自動化された生産による世界同一品質。BIRDは現在、彦根工場のほか、メキシコのモンテレー工場(2007年)、ハンガリーのタタバーニャ工場(2008年)にも導入されている。三つめは、工程直結による工場のコンパクト化、小規模化だ。

既存のタイヤ工場は長大なラインが特徴で、ゴム練り工程に始まり、トレッド、コード、スチールベルト、ビードなどの部材を作る工程があり、それらのパーツを組み立てる成型工程、熱と圧力を加えて強度を出す加硫工程を経て、製品検査という流れになる。こうした既存工場では、数百mを超える長大なラインや多くの人手が必要であり、小ロット生産には全く向いていない。

それに対してBIRD工場には、従来の長大なラインはない。あるのはコンパクトなオーバル型ラインを持つBIRD生産システムで、それが工場内に16セットある。各BIRDモジュールのスペースは30m×15mほどと極めてコンパクトだ。

作業員が練ゴムやビードワイヤーといった材料を投入すれば、あとはBIRDが部材工程から成型工程、加硫まで、完全自動で生産を行う。同じゴム材であれば、一つのユニットで最高8サイズ作ることが可能。生産性は従来の2倍で、中間在庫も生じない

作業員は4セットに対して3人配置され、計12人。人が行うのは主に、材料供給とアラームが鳴った時の対応になる。実際、構内に人影はほとんどなく、BIRDが黙々とタイヤを作り続けている。各モジュール内にはラインに沿って狭い通路があり、記者もそこに入ることができたが、それはまるで工作機械の「体内」に入るような不思議な感覚だった。

彦根工場のBIRDでは、主に国内向け高級タイヤの「REGNO(レグノ)」、輸出向けの「TURANZA(トランザ)」、そして世界共通ブランドの「POTENZA(ポテンザ)」などを生産している。ただし、それらの全てをBIRDで生産するわけではなく、例えば新車装着用として自動車メーカーに納めるPOTENZAなどは、大ロット生産に適した既存工場で生産している。BIRDは、あくまでも高品質なタイヤを、品質のブレがなく、多サイズ・小ロットで生産するための最新システムということだ。
《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品