【カーオブザイヤー15 選考コメント】新たなクルマファン獲得に貢献した…桂伸一

自動車 ビジネス 国内マーケット

マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター
  • 桂伸一氏
  • マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター RS
  • マツダ ロードスター
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2015-2016
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016 10ベスト試乗会
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016 10ベスト試乗会
今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの桂 伸一氏はマツダ『ロードスター』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

「伝統の小型軽量スポーツカークラスを復活させた1989年から現在まで造り続けている事をまずは評価する。スポーツカーの醍醐味を手軽に楽しめる存在として、新たなクルマファンの獲得に貢献した事も合わせて称賛する」。

全投票点数は下記の通り。
マツダ『ロードスター』:10点
ホンダ『S660』:5点
ジャガー『XE』:4点
BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー』:3点
テスラ『モデルS P85D』:3点


桂 伸一|モータージャーナリスト/レーシングドライバー
1982年より自動車雑誌編集部にてレポーター活動を開始。幼少期から憧れだったレース活動を編集部時代に開始、「走れて」「書ける」はもちろんのこと、読者目線で見た誰にでも判りやすいレポートを心掛けている。レーサーとしての活動は自動車開発の聖地、ニュルブルクリンク24時間レースにアストンマーティン・ワークスから参戦。08年クラス優勝、09年クラス2位。11年クラス5位、13年は世界初の水素/ガソリンハイブリッドでクラス優勝。15年の今年は、限定100台のGT12で出場するも初のリタイア。と、年一レーサー業も続行中。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  4. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  5. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  6. BYD、中国自動車メーカー初の日本進出…京都でEVバス納車

  7. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  8. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  9. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  10. オートエクゼ、ラムエアインテークにディーゼルエンジン搭載車用を追加設定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら