人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

20代は「中古車志向」、音楽環境やロボットカーにも関心…中古車購入実態調査

自動車 ビジネス 国内マーケット

中古車情報のカーセンサーは、過去1年間に中古車購入を検討した人に対し「中古車購入実態調査」を実施。若い人ほど中古車志向が強く、若年層ほどマルチルームやロボットカー、オフィスカーなど、クルマに対し多様な関心を持つ傾向にあると発表した。

調査は全国(沖縄県を除く)の18~69歳の男女を対象にインターネットで実施。一次調査が18万460件、二次調査が中古車購入者2007件、中古車購入検討者2058件という集計サンプル数での結果を公表した。

その結果、全国の中古車小売台数は年間240.4万台、中古車購入総額の平均は116.9万円、クルマの所有状況で新車と中古車の比率は7:3に対し、若者世代の同比率は6:4で、若い人ほど中古車志向が強い傾向が明らかになった。

また同調査では、クルマに対する価値観については、若年層ほど、「音楽環境」から「ロボットカー」まで多様な関心を持つ傾向にあるという結果も。 20代はほかの年代に比べ、 多くの項目で高い関心を示す傾向にあり、特に全体と差が大きい上位3項目に「音楽視聴環境が整ったクルマ」(16.4ポイント)、「たくさんの人が乗れるクルマ」(13.2ポイント)、「ハンドルやアクセル・ブレーキがある程度なじんでいるクルマ」(11.6ポイント)が示されたと伝えた。

20代のクルマ・中古車に対する志向について同編集部は、「若者において、保有車の中古車比率が約40%と、ほかの年代よりも高く、20代の1万人あたり中古車購入台数も全体平均よりも1.25倍高いことがわかった。その結果、過去1年の中古車購入台数は約56万台と、年代別で一番大きなボリュームに。加えて、購入平均価格は125.6万円で、30代に次いで高いことからも、中古車への志向性が強く、中古車マーケットを支える主要な存在となっていることがうかがえる」とコメントした。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  3. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

    スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  4. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  5. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  8. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  9. トヨタ、国内販売が4か月連続のプラス 6月実績

  10. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

アクセスランキングをもっと見る