人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

20代は「中古車志向」、音楽環境やロボットカーにも関心…中古車購入実態調査

自動車 ビジネス 国内マーケット

中古車情報のカーセンサーは、過去1年間に中古車購入を検討した人に対し「中古車購入実態調査」を実施。若い人ほど中古車志向が強く、若年層ほどマルチルームやロボットカー、オフィスカーなど、クルマに対し多様な関心を持つ傾向にあると発表した。

調査は全国(沖縄県を除く)の18~69歳の男女を対象にインターネットで実施。一次調査が18万460件、二次調査が中古車購入者2007件、中古車購入検討者2058件という集計サンプル数での結果を公表した。

その結果、全国の中古車小売台数は年間240.4万台、中古車購入総額の平均は116.9万円、クルマの所有状況で新車と中古車の比率は7:3に対し、若者世代の同比率は6:4で、若い人ほど中古車志向が強い傾向が明らかになった。

また同調査では、クルマに対する価値観については、若年層ほど、「音楽環境」から「ロボットカー」まで多様な関心を持つ傾向にあるという結果も。 20代はほかの年代に比べ、 多くの項目で高い関心を示す傾向にあり、特に全体と差が大きい上位3項目に「音楽視聴環境が整ったクルマ」(16.4ポイント)、「たくさんの人が乗れるクルマ」(13.2ポイント)、「ハンドルやアクセル・ブレーキがある程度なじんでいるクルマ」(11.6ポイント)が示されたと伝えた。

20代のクルマ・中古車に対する志向について同編集部は、「若者において、保有車の中古車比率が約40%と、ほかの年代よりも高く、20代の1万人あたり中古車購入台数も全体平均よりも1.25倍高いことがわかった。その結果、過去1年の中古車購入台数は約56万台と、年代別で一番大きなボリュームに。加えて、購入平均価格は125.6万円で、30代に次いで高いことからも、中古車への志向性が強く、中古車マーケットを支える主要な存在となっていることがうかがえる」とコメントした。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  2. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

    スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  3. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

    ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  4. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  5. クサくないタクシー「ファブタク」発進!…日本交通とファブリーズがコラボ

  6. ホンダの総生産台数、14か月ぶりのマイナス…4.3%減の37万2472台 7月実績

  7. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  8. ダイハツ、国内販売10.7%増の4万7897台 7月実績

  9. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  10. スバル富士重、世界生産台数が9か月ぶりのマイナス…国内稼働日数減少 7月実績

アクセスランキングをもっと見る