凍結路面でスリップして対向車と衝突、双方の5人が死傷

自動車 社会 社会

4日午前8時45分ごろ、北海道佐呂間町内の道道を走行していたワゴン車が対向車線側へ逸脱。直後に対向車線を順走してきた軽乗用車と衝突する事故が起きた。この事故でワゴン車に同乗していた4人が死傷。対向車の運転者も重傷を負っている。

北海道警・遠軽署によると、現場は佐呂間町武士付近で片側1車線の緩やかなカーブ。高齢者介護施設の送迎用ワゴン車は凍結路面でスリップ。対向車線側へ逸脱し、車線を塞ぐように停止したところ、対向車線を順走してきた軽乗用車が避けきれずに衝突した。

衝突によって双方のクルマは中破。ワゴン車に同乗していた男性3人(82歳、84歳、96歳)が車外に投げ出され、頭部強打などでまもなく死亡。1人が腹部打撲の軽傷を負った。軽乗用車を運転していた63歳の女性も頚部骨折の重傷を負い、近くの病院へ収容された。警察はワゴン車を運転していた同町内に在住する21歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕。3人死亡後は容疑を同致死傷に切り替え、調べを続けている。

事故当時、現場の路面はブラックアイスバーン状態だった。警察では逮捕された男がハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 多重衝突を起こしたトラック運転手に過重勤務を命じた会社を捜索

    多重衝突を起こしたトラック運転手に過重勤務を命じた会社を捜索

  2. 全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

    全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

  3. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

    国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  4. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  5. 国土交通省、自動車の安全対策に関する評価・分析方法を検討

  6. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  7. トライクにヘルメットはいらない…警察に不手際

  8. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  9. 【GW】キャンピングカー旅行、のんびり計画で「夫婦2人旅」が過半数

  10. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

アクセスランキングをもっと見る