年末年始の海外旅行、人気1位は台湾…国内は東京

航空 企業動向

台湾 台北(参考画像)
  • 台湾 台北(参考画像)
  • 日本観光(秋葉原)
日本旅行業協会は、会員企業の社員453人を対象に、年末年始の人気の方面調査を実施するともに、大手ホールセーラー会社7社に年末年始の販売動向調査も実施、年末年始の旅行の人気ランキングを発表した。

海外の年末年始旅行人気ランキング1位は、前年2位だった台湾、2位は前年トップだったハワイとなった。3位はグアム、4位がグアム、5位がベトナムだった。

年末年始の日並びで、出発日のピークが12月30日、帰国のピークが1月2日に集中し、航空座席なども取りにくい状況。旅行先はロング方面より近隣のアジアに集中している。ロング方面のヨーロッパが低調ながら近場の韓国や東南アジアが人気となっている。

また、オーストラリアや、6月にヒューストン、11月にダラス線が就航したことでアメリカ本土の人気が上昇しているという。ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスの利用を希望する人が増加傾向にある。

国内の人気ランキング1位は東京(東京ディズニーリゾート含む)で、前年の3位から上昇した。2位は前年1位だった沖縄、3位が大阪、4位が北陸新幹線開業の効果で北陸が前年の11位から急上昇した。5位はハウステンボスや世界遺産などが人気の九州。

日並びのため、海外旅行よりも国内旅行が好調となっている。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品