VW グループ、ランボルギーニ か ベントレー を売却か | レスポンス(Response.jp)

VW グループ、ランボルギーニ か ベントレー を売却か

自動車 ビジネス 企業動向

ランボルギーニ ウラカン LP580-2
  • ランボルギーニ ウラカン LP580-2
  • ベントレー ベンテイガ
  • VW グループが傘下のベントレー か ランボルギーニ を売却する可能性を伝えた『ロイター』
排ガス不正問題を受けて、財務状況が悪化しているフォルクスワーゲングループ。同社が、傘下の高級車ブランドを売却する可能性が出てきた。

これは12月4日、『ロイター』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「フォルクスワーゲングループが巨額の借入金を返済できなければ、傘下のベントレーかランボルギーニを手放す可能性がある」と伝えている。

フォルクスワーゲングループに関しては、排ガス不正問題を受けて、大規模なリコール(回収・無償修理)を予定。さらに、各国当局から巨額の罰金が科せられる可能性もある。また、米国を中心に、フォルクスワーゲングループに対する集団訴訟も相次いでいる。

財務状況が悪化しているフォルクスワーゲングループ。同メディアによると、同社は最近、銀行13行から総額200億ユーロ(約2兆6000億円)を借入れ。期限の1年後に返済できなければ、ランボルギーニかベントレーを売却する可能性があるという。

ブランドの買収によって、グループを拡大してきたフォルクスワーゲン。その成長戦略が、排ガス不正という一大スキャンダルによって、大きな転機を迎えているようだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品