2016年世界遺産登録候補、長崎・平戸「中江ノ島」をめぐるクルーズ[フォトレポート]

船舶 エンタメ・イベント

舘浦港を出た「中江ノ島クルーズ船」(試験運航、漁船「第十八舘浦丸」)。「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の2016年世界遺産登録にあわせて11月中旬に行われた試験運航のようす
  • 舘浦港を出た「中江ノ島クルーズ船」(試験運航、漁船「第十八舘浦丸」)。「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の2016年世界遺産登録にあわせて11月中旬に行われた試験運航のようす
  • 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の2016年世界遺産登録にあわせて11月中旬に行われた試験運航「中江ノ島クルーズ船」。キリシタンの重要な聖地と位置づけられる「中江ノ島」が見えてきた
  • 長崎県平戸市の舘浦港と中江ノ島、春日集落の位置イメージ
  • 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の2016年世界遺産登録にあわせて11月中旬に行われた試験運航「中江ノ島クルーズ船」。キリシタンの重要な聖地と位置づけられる「中江ノ島」が見えてきた
  • 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の2016年世界遺産登録にあわせて11月中旬に行われた試験運航「中江ノ島クルーズ船」。長崎本土と生月島を結ぶ生月大橋が見えてきた
  • 平戸名物「平戸ちゃんぽん」は、スパゲティのような麺が魚介系スープに浸る一品(お食事処もりとう)
  • 平戸港にある西肥自動車・平戸桟橋待合所
  • 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の2016年世界遺産登録にあわせて11月中旬に行われた試験運航「中江ノ島クルーズ船」。長崎本土と生月島を結ぶ生月大橋が見えてきた
2016年度の世界遺産登録が期待される「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」。その構成遺産のひとつ、「平戸の聖地と集落(中江ノ島)」は、禁教時代の景観をとどめ「かくれキリシタン」によって守られ崇敬されている。この“聖地”をクルーズする船の試験運航に乗船した。

中江ノ島は、長崎県平戸市下中野町に属する、長さ400m、幅50mの無人島。禁教時代初期、平戸藩によってキリシタン処刑が行われた地として伝えられ、平戸島西海岸のかくれキリシタンが、岩からしみ出す聖水を採取(お水取り)する重要な聖地と位置づけられている。

この中江ノ島の周囲をめぐるクルーズ船の試験運航が、2016年5月の本運航をめざしてすすめられている。11月中旬、遊漁船免許を取得した漁船「第十八舘浦丸」に乗り、生月島(いきつきしま)の南東端にある舘浦港(平戸市生月町舘浦)から、中江ノ島、生月大橋(県道42号)、平戸市春日町へと上陸した。

舘浦港を出た第十八舘浦丸は、エンジン音を一定に保ちながら、港から約4km東にある中江ノ島に20分ほどで到着。速度を緩め、添乗ガイドによるキリシタン処刑の歴史や、お水取りの現状などを聞きながら、島の全容を間近に見る。

ブルルンとエンジン音が響くと、中江ノ島から離れ、船は「日本一の連続トラス橋」といわれる生月大橋の下を行く。生月島と九州本土をつなげたこの生月大橋は、主要梁部800m、中央径間支間400mで、3径間連続トラス橋としては世界一の長さを誇る。

今回の試験運航では、中江ノ島と同じ構成遺産に含まれる「平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)」の現場、春日集落へ上陸した。このとき、春日の小さな港の水深がじゅうぶんでないため、岸壁に船を寄せることが難しいといった事実もわかった。

舘浦港から中江ノ島、生月大橋、春日集落をめぐるクルーズの所要時間は約1時間。平戸観光協会の松瀬千秋氏は「中江ノ島クルーズは、来年5月から予約制で運航を予定している。予算はひとり3000円前後となる見込み。春日に着岸できないという可能性もあるので、春日集落は沖から見学して、再び舘浦港に戻るコースになるかもしれない」と話していた。







《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 新造船「ガンツウ」で瀬戸内海クルーズ 2017年9月から

    新造船「ガンツウ」で瀬戸内海クルーズ 2017年9月から

  2. 最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

    最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

  3. スマホアプリで船舶事故防止---国交省が実証実験へ

    スマホアプリで船舶事故防止---国交省が実証実験へ

  4. 国際ヨットレース日本艇の建造にヤマハ発動機が参加…アメリカズカップ

  5. 国土交通省、船舶事故の防止にスマホの活用を検討へ

  6. プリンセス・クルーズ、熊本県八代港で震災復興支援イベント 9月15日

  7. 海上保安庁、自律型海洋観測装置を導入---リアルタイムな把握

  8. 「氷川丸」重要文化財に正式指定…記念展示12月25日まで

  9. 小笠原航路の高速船計画を推進していたテクノ・シーウェイズが破産

  10. トヨタ自動車とヤンマー、マリン事業で業務提携…次世代船体を共同開発

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら