【カーオブザイヤー15】輸入車部門は BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー

自動車 ビジネス 国内マーケット

インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • BMWジャパン、ペーター・クロンシュナーブル社長(左)
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
12月7日、今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。輸入車を対象とする「インポートカーオブザイヤー」は、BMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー』が受賞した。

受賞理由は「BMWブランドとして初となるFFベースのパワートレーンを採用した上で、高いレベルの“駆けぬける歓び”を実現したことを評価した。ファミリーユースを見込むマルチパーパスビークルとして、ロングドライブでの快適性や最新のクリーンディーゼルを搭載したことによる経済性などにも好印象を受けた」とした。

受賞のため壇上に上がったBMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル社長は、「インポートカーオブザイヤーに選んでいただき、ありがとうございます。アクティブツアラーとグランツアラーは、BMWが新しいセグメントに挑戦したモデルであり、世界的にも成功を収めました。そして日本市場にとってもパーフェクトな一台だということを証明できました」と、その喜びを語った。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

    スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  2. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

    マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  3. 水曜日のカンパネラ、プリウス試乗ソング「松尾芭蕉」[動画]

    水曜日のカンパネラ、プリウス試乗ソング「松尾芭蕉」[動画]

  4. スバル富士重、世界生産台数が9か月ぶりのマイナス…国内稼働日数減少 7月実績

  5. トヨタ、国内シェアが3か月ぶりの5割超え 7月実績

  6. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  7. 車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

  8. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

  9. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  10. タカタ製エアバッグのリコール、1000万個を修理…米国

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら