【カーオブザイヤー15】輸入車部門は BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー

自動車 ビジネス 国内マーケット

インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • BMWジャパン、ペーター・クロンシュナーブル社長(左)
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
12月7日、今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。輸入車を対象とする「インポートカーオブザイヤー」は、BMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー』が受賞した。

受賞理由は「BMWブランドとして初となるFFベースのパワートレーンを採用した上で、高いレベルの“駆けぬける歓び”を実現したことを評価した。ファミリーユースを見込むマルチパーパスビークルとして、ロングドライブでの快適性や最新のクリーンディーゼルを搭載したことによる経済性などにも好印象を受けた」とした。

受賞のため壇上に上がったBMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル社長は、「インポートカーオブザイヤーに選んでいただき、ありがとうございます。アクティブツアラーとグランツアラーは、BMWが新しいセグメントに挑戦したモデルであり、世界的にも成功を収めました。そして日本市場にとってもパーフェクトな一台だということを証明できました」と、その喜びを語った。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

    ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  2. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  3. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  4. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  5. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  6. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  7. フィアット欧州販売、13%増の9.8万台…Aセグ首位維持 6月

  8. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  9. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  10. インプ vs ランエボ、WRC黄金期の2台をレンタルで乗り比べ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら