【カーオブザイヤー15】輸入車部門は BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー

自動車 ビジネス 国内マーケット

インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
  • BMWジャパン、ペーター・クロンシュナーブル社長(左)
  • インポートカーオブザイヤーはBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーが受賞
12月7日、今年の一台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2015-2016」が発表された。輸入車を対象とする「インポートカーオブザイヤー」は、BMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー』が受賞した。

受賞理由は「BMWブランドとして初となるFFベースのパワートレーンを採用した上で、高いレベルの“駆けぬける歓び”を実現したことを評価した。ファミリーユースを見込むマルチパーパスビークルとして、ロングドライブでの快適性や最新のクリーンディーゼルを搭載したことによる経済性などにも好印象を受けた」とした。

受賞のため壇上に上がったBMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル社長は、「インポートカーオブザイヤーに選んでいただき、ありがとうございます。アクティブツアラーとグランツアラーは、BMWが新しいセグメントに挑戦したモデルであり、世界的にも成功を収めました。そして日本市場にとってもパーフェクトな一台だということを証明できました」と、その喜びを語った。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. スズキ燃費データ問題…鈴木修会長、報告書を握りしめて詫びる

    スズキ燃費データ問題…鈴木修会長、報告書を握りしめて詫びる

  3. トヨタ、国内9工場を一時停止…アドヴィックス爆発事故の影響

    トヨタ、国内9工場を一時停止…アドヴィックス爆発事故の影響

  4. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  5. 5月の新車総販売台数は1.2%減と2か月ぶりマイナス

  6. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  7. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  8. おもしろレンタカー、成田空港店をオープン…GT-Rやランエボなどを貸し出し

  9. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  10. MZレーシング、第6世代マツダ車用サンシェードを発売

アクセスランキングをもっと見る