【F1】ルノーワークスが復活、ドライバーは誰だ!? | レスポンス(Response.jp)

【F1】ルノーワークスが復活、ドライバーは誰だ!?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016年からワークスで復帰を果たすルノー
  • 2016年からワークスで復帰を果たすルノー
  • 現ロータスを買収し来季はルノーワークスに
  • 2016年からワークスで復帰を果たすルノー
  • エンジン、パワーユニットサプライヤーとしてレッドブルやトロ・ロッソと組んでいたルノー
  • エンジン、パワーユニットサプライヤーとしてレッドブルやトロ・ロッソと組んでいたルノー
  • 第2期のルノーワークス
  • 第2期のルノーワークス
  • 第2期のルノーワークス
今季F1にパワーユニットを供給していたルノーが4日、ロータスF1チームを買収し「ルノーワークス」として2016年から復帰を果たすことが正式発表された。

これまでエンジンサプライヤーとして成功をしてきたルノーだが、ワークス時代の2005、2006年にもフェルナンド・アロンソ、ジャンカルロ・フィジケラのコンビでコンストラクターズタイトルを獲得。同年にアロンソもドライバーズ2連覇を果たす名門だった。しかし、2009年に摘発された八百長問題(2008年シンガポールGPでの通称クラッシュゲート)以降、スポンサーも離れ成績も低迷。2011年を持って現在のロータスに身売りする形で再びエンジンサプライヤーに戻った。

それ以降は特にレッドブル・レーシングとともに快進撃を続け、2010年から4年連続でドライバーズ・コンストラクターズを両方制覇。ライバルメーカーを寄せ付けない強さを見せていたが、1.6リットルターボ規定に変わった2014年以降はメルセデスに惨敗。今年はレッドブルがコンストラクターズ4位に低迷し、一時は喧嘩別れする騒動に発展するまでとなった。

ルノーのカルロス・ゴーン社長は「ルノーには2つの選択肢しかなかった。100%ルノーとしてカムバックするか撤退か。様々な協議の結果、我々は2016年にF1世界選手権にチームとして復帰することを決めた。我々の目標は勝つこと、それを必ずや実現させる」と力強くコメント。ルノーワークスとしては3期目となる活動をスタートさせた。

詳しいドライバーズラインナップ等の詳細は来年1月にも明らかになる見込みだが、現在ロータスに在籍しているロマン・グロージャンは来季新規参戦予定のハースF1に移籍が決定。パストール・マルドナードは残留する予定だ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品