【シトロエン C4 試乗】もっとアクが強くてもいいんじゃないか…岩貞るみこ

試乗記 輸入車

シトロエン C4 改良新型
  • シトロエン C4 改良新型
  • シトロエン C4 改良新型
  • シトロエン C4 改良新型
  • シトロエン C4
  • シトロエン C4
  • シトロエン C4
  • シトロエン C4
  • シトロエン C4
フレンチのいいところは、クセのあるところ。ブルーチーズの臭みが好きっていう、あの感覚に近いものがあると思う。

そこへきて、『C4』の顔つき。グリルの部分がシトロエンマークになっていて、それはそれでいいんだけど、もっとアクが強くてもいいんじゃないかと思う。もっともっと、シトロエン、乗っています! とわかるもの。免許のない女子中学生でも、クルマにうとい草食男子でも、「あのクルマ、なに?」と指差して聞いてくるような。ふつうとはちょっと違うものが好きという、自分の個性を主張できるデザイン=フロントマスクを期待しているだけに、ちょっと物足りない気がする。

1.2リットルのターボ・エンジンに組み合わせられたのは、6AT。これまでは、DCT系が大流行してモテモテだった欧州だが、最近、ATに戻る傾向にある。ATのコンパクト化、燃費の向上がその理由らしいけれど、MTベースで作りこまれたDCTの機械的な雰囲気は、シトロエンのゆるいイメージには似合わないから、AT、大歓迎である。

走り出すと、6速でも十分になめらかで、不満を感じるところはひとつもない…と思っていたら、アクセルをオンオフしていると、どこからか息をするような音が聞こえてきた。アクセルペダルの動きに合わせてス~ッ、ガラガラガラ…。これが、一度気になりはじめるとずーっと気になる。耳について仕方ないのである。これもフレンチのクセと割り切れる人にはいいのかもしれないけれど。

ライバル車がひしめくこのクラス。個性勝負のシトロエンが個性を消したとも思えるスタイルでどうするんだ。日本市場におけるシトロエンの立ち位置は、開発している本国フランスとはちがうんだけどな。そんなことを、ス~ッ、ガラガラガラの音を聞きつつ思ってしまった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。
《岩貞るみこ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【マツダ CX-3 試乗】すでに購入してしまった人に、マツダの代わりに謝りたい…岩貞るみこ

    【マツダ CX-3 試乗】すでに購入してしまった人に、マツダの代わりに謝りたい…岩貞るみこ

  2. 【ジャガー F-PACE 試乗】同セグメントのベストSUVの1台「ただし…」…中村孝仁

    【ジャガー F-PACE 試乗】同セグメントのベストSUVの1台「ただし…」…中村孝仁

  3. 【VW パサートGTE ロングラン】バツグンの高速巡航性能でラクラク長距離ドライブ その1

    【VW パサートGTE ロングラン】バツグンの高速巡航性能でラクラク長距離ドライブ その1

  4. 【ルノー カングー 800km試乗】1.2L+6MT、欠点さえも魅力と思わせる「これぞフランス車」…井元康一郎

  5. 【スズキ ソリオ 試乗】軽に見えちゃうけど、中身は相当すごい…中村孝仁

  6. 【トヨタ ランドクルーザー70 試乗】面白がって買うとイタイ目を見る、マニアックな一台…松下宏

  7. 【マツダ アクセラ 3200km試乗 後編】“萌え要素”があれば、まだまだ面白くなる…井元康一郎

  8. 【ホンダ ジェイド 試乗】ドライバーズカーとして上質だが、見た目と価格にギャップあり…井元康一郎

  9. 【VW パサートGTE 試乗】環境性能車であると同時に圧倒的なパフォーマンスも…松下宏

  10. 【スバル クロスオーバー7 試乗】国産SUV市場に突如現れたダークホース…井元康一郎

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら