デンソー、車載用プラズマクラスターイオン発生機の新モデル発売…ストラップタイプを追加

自動車 ビジネス 国内マーケット

デンソーは、プラズマクラスターイオン発生機の新機種として、ストラップで設置できる新モデル「ノームスタイル」と、カップタイプのモデルチェンジ版を、2016年1月6日から順次発売する。

今回新たに発売するノームスタイルは、デンソーがシャープのプラズマクラスター技術を活用し、独自開発したプラズマクラスターイオン発生機。従来の車載用ではカップホルダに設置していたが、ノームスタイルではストラップでヘッドレストなどに取り付けて使用できる。また、USBで電源を取得可能なため、オフィスやリビング、玄関などでも使用できる。

カップタイプは、3年ぶりにデザインを一新し、さらにスリムな形状にモデルチェンジ。アクセサリーソケットに加え、ノームスタイル同様にUSBで電源を取得可能となった。また、ターボモードでは、放出するイオン濃度が従来の標準モードの約2倍から約3倍へと増加。短時間の乗車時や、においが気になる時に効果を発揮する。従来製品同様、車室内に舞い込んだ約10μm以上の花粉やホコリなどを約80%捕集する花粉キャッチフィルターも搭載する。

価格はいずれもオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  4. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  7. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

  8. 東洋ゴム、経営再建を託された駒口会長が一身上の都合で退任

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】市光工業の標準LEDユニット、自動車技術会賞を受賞

アクセスランキングをもっと見る