デンソー、車載用プラズマクラスターイオン発生機の新モデル発売…ストラップタイプを追加

自動車 ビジネス 国内マーケット

デンソーは、プラズマクラスターイオン発生機の新機種として、ストラップで設置できる新モデル「ノームスタイル」と、カップタイプのモデルチェンジ版を、2016年1月6日から順次発売する。

今回新たに発売するノームスタイルは、デンソーがシャープのプラズマクラスター技術を活用し、独自開発したプラズマクラスターイオン発生機。従来の車載用ではカップホルダに設置していたが、ノームスタイルではストラップでヘッドレストなどに取り付けて使用できる。また、USBで電源を取得可能なため、オフィスやリビング、玄関などでも使用できる。

カップタイプは、3年ぶりにデザインを一新し、さらにスリムな形状にモデルチェンジ。アクセサリーソケットに加え、ノームスタイル同様にUSBで電源を取得可能となった。また、ターボモードでは、放出するイオン濃度が従来の標準モードの約2倍から約3倍へと増加。短時間の乗車時や、においが気になる時に効果を発揮する。従来製品同様、車室内に舞い込んだ約10μm以上の花粉やホコリなどを約80%捕集する花粉キャッチフィルターも搭載する。

価格はいずれもオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品