圏央道開通で海老名JCT~久喜JCTの所要時間28分短縮…ナビタイム分析

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ナビタイムジャパンは12月2日、「交通コンサルティング事業」が交通ビッグデータを用いて分析した、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)桶川北本IC~白岡菖蒲IC間開通の影響を発表した。

交通コンサルティング事業では、ナビタイムジャパンの提供するスマートフォン向けカーナビアプリのプローブ交通情報や経路検索条件データなど、交通ビッグデータを用いた交通・観光分析を行っている。

今回の分析では、圏央道 桶川北本IC~白岡菖蒲IC間が10月31日に開通したことで、道路交通や観光にどのような影響があったのか、交通ビッグデータを用いて明らかにしている。

東名高速 海老名JCTから東北道 久喜JCTまでの途中の経路をプローブデータを用いて圏央道開通前後で比較したところ、開通前は首都高経由を利用するドライバーが90%・平均所要時間98分だったが、開通後は90%が圏央道経由となり、平均所要時間も70分と28分短縮していることがわかった。

また圏央道開通前は、一時的に終点となっていた桶川北本ICからは通過交通が桶川市内に流出し、一般道路の渋滞の要因となっていた。開通後は、桶川北本ICからの通過交通の流出が減少したことで渋滞が緩和し、坂田交差点までの所要時間が3分短縮し、坂田交差点の信号通過時間も直進が31秒、右折が67秒短縮していることがわかった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

    タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

  2. 予算20万円でカーオーディオの「低音を強化する」

    予算20万円でカーオーディオの「低音を強化する」

  3. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型車、トゥイジー…衝突安全テストに失格

    【ユーロNCAP】ルノーの超小型車、トゥイジー…衝突安全テストに失格

  4. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型EV、トゥイジー…衝突テストで最低評価[動画]

  5. クラリオン、フルデジタルサウンド試聴会を千葉と愛知で開催

  6. 【NHTSA】中国製EVセダン、前面衝突テストに失格…2つ星評価

  7. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】ヴァレオ、ステートLiDARセンサーを世界初展示

  9. 【GARMIN VIRB-J XE インプレ後編】動画&OBDデータで実現する、クルマの新しい楽しみ方

  10. デモカー製作者が語る…クラリオン『Full Digital Sound』の革新性と期待値

アクセスランキングをもっと見る