スペインの名門二輪メーカー、GASGASが復活…電動オフローダーへの期待も

モーターサイクル 企業動向

GASGAS TX RANDONNE
  • GASGAS TX RANDONNE
  • GASGAS TX RANDONNE
  • GASGAS TX RANDONNE
  • GASGAS TX RANDONNE
  • GASGAS TX RANDONNE
  • GASGAS TX RANDONNE
  • GASGAS TX RANDONNE
  • GASGAS TX RANDONNE
経営難で製造をストップしていたスペインのモーターサイクルメーカー「GASGAS」社が復活する。同国の電動バイクメーカー「TORROT」社が新オーナーとなることで実現した。

エンデューロ、トライアル、ラリーレイドモデルをラインナップするGASGASの技術が、TORROTのEVテクノロジーと融合すれば、新しい電動オフロードマシンへの期待もかかる。

GASGAS ENDURO JAPANの発表によると、今後の生産目標は次のとおり。

2016年、トライアル2000台、エンデューロ1000台、電動スクーター3000台以上。2018年、トライアル4000台、エンデューロ6000 台、電動スクーター5000台。

エンデューロモデルについては2016年にニューモデルを開発し、2017年より市場に投入するとのこと。来年4月より生産再開を見込んでいる。

また、トライアルバイクは2016年3月より生産を再開。従来、TORROT社が製造していた電動バイクの生産は、今後GASGAS社でおこなう。そして2018年までに、GASGAS社はトライアル界のリーダーになることを目指す。

TORROT社は、GASGAS社へ今後3年間で1300万ユーロ(約17億円)を投資。GASGAS社の全従業員55名は継続雇用し、2018年までに80名へ増員を予定している。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

  2. 携帯ショップがバイク事業に参入…テルル

    携帯ショップがバイク事業に参入…テルル

  3. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…アイドリングは850

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…アイドリングは850

  4. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  5. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  6. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  7. ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

  8. 4速ATで気軽に乗れる FX110、輸入販売開始…前後21インチホイール採用

  9. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  10. カワサキ ZRX1200 DAEG、生産終了へ…ファイナルエディション発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら