米スバル社長、米自動車業界最高の人物に選出…モータートレンド

自動車 ビジネス 企業動向

スバルの米国法人のトーマス・ドール社長兼COO
  • スバルの米国法人のトーマス・ドール社長兼COO
  • スバル アウトバック(北米モデル)
  • スバルXVクロストレック(日本名:インプレッサXV)
米国の有力自動車メディア、『モータートレンド』は11月中旬、「2016 パーソンオブザイヤー」を、スバルの米国法人のトーマス・ドール社長兼COOに授与すると発表した。

同賞はこの1年間に、米国の自動車業界で優れた業績を残した人物に贈られるもの。米国の自動車メディアが発表する賞としては、最も権威が高く、各方面から高い注目を集めるアワードとして知られる。

2016 パーソンオブザイヤーに選出されたのが、スバルオブアメリカのトーマス・ドール社長兼COO。同氏は1982年、スバルに入社。同氏のリーダーシップの下、スバルは米国で2007年以降、8年連続で販売記録を更新してきた。

2015年、スバルの米国新車販売は、60万台に近づく見通し。スバルは今や、米国のブランド別販売ランキングで、トップ10入りを果たしており、フォルクスワーゲンやマツダ、BMW、ビュイックを上回る。

モータートレンドのアンガス・マッケンジー編集局長は、「トム・ドール氏のリーダーシップは成功を収めている。彼は独自のビジョンを備えた人物」と評価している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  2. ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

    ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

  3. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

    英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  4. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

  5. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  6. 益子会長「私どもは三菱ブランドを維持する」

  7. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

  8. 【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

  9. 日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

  10. 米高級車販売、メルセデス首位…BMWとレクサス抑える 5月

アクセスランキングをもっと見る