三菱電機、産業機器向けカラーTFT液晶モジュールタフネスシリーズの新製品10.4型SVGAを開発

自動車 ビジネス 企業動向

三菱電機は、建設機械・農業機械や工作機械などの厳しい環境で使用する表示器向け産業用カラーTFT液晶モジュール「ダイアファイン」タフネスシリーズの新製品10.4型SVGA「形名=AT104SN11」のサンプル提供を12月1日から開始する。

液晶パネルや機構設計、構成部品の最適化により、高い耐振動性能を実現した。従来製品の加速度1Gに比べて約7倍となる6.8Gに対応する。振動の厳しい環境で使用される建設機械、農業機械や工作機械の表示器などに適している。

日本国内で過去最低気温レベルや真夏の車内温度にも対応する、マイナス40~85度の広い動作保証温度を実現、厳しい温度環境に対応する。

1500cd/平方メートルと業界トップの高輝度と、700:1の高コントラストによって明るい場所での視認性を確保した。

サンプル価格は15万円。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品