トヨタ、日産の事故を受けタカタ製エアバッグ搭載の161万台を再リコール

自動車 ビジネス 国内マーケット

トヨタ ヴィッツ(資料画像)
  • トヨタ ヴィッツ(資料画像)
  • 改善箇所(運転席用)
トヨタ自動車は11月25日、タカタ製エアバッグの不具合で、『カローラ』『ヴィッツ』などの再リコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

トヨタ自動車は、5月13日および6月25日にタカタ製エアバッグの不具合に起因するリコールを届け出ていた。今回、日産『エクストレイル』の助手席エアバッグが異常破裂を起こした事故を受け、改善措置内容を見直して新たにリコールを届け出た。

対象となるのは、『ヴィッツ』『ノア』『ヴォクシー』『アルファードG』『アルファードV』『アルファード ハイブリッド』『プロボックス』『サクシード』『カローラ』『カローラランクス』『アレックス』『カローラフィールダー』『ヴェルタ』『イプサム』『マークII』『ヴェロッサ』『ブレビス』『マークIIブリット』『ガイア』『WiLL サイファ』『オーパ』『WiLL VS』の計22車種で、2004年1月6日~2008年12月25日に製造された161万2670台。

今回の再リコールでは、助手席用エアバッグのインフレータを全車両新品と交換。交換用部品が不足した場合は、助手席エアバッグの機能を停止するとともに、助手席サンバイザ部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

    ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  2. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  3. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

    キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  4. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  5. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  6. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  7. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  8. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  9. アウトモビリ・ランボルギーニ、イタリア本社のミュージアムをリニューアル

  10. イード、日本自動車ユーザー研究所を設立…環境 安全 テレマティクス を主軸に調査・研究

アクセスランキングをもっと見る