トヨタ、日産の事故を受けタカタ製エアバッグ搭載の161万台を再リコール | レスポンス(Response.jp)

トヨタ、日産の事故を受けタカタ製エアバッグ搭載の161万台を再リコール

自動車 ビジネス 国内マーケット

トヨタ ヴィッツ(資料画像)
  • トヨタ ヴィッツ(資料画像)
  • 改善箇所(運転席用)
トヨタ自動車は11月25日、タカタ製エアバッグの不具合で、『カローラ』『ヴィッツ』などの再リコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

トヨタ自動車は、5月13日および6月25日にタカタ製エアバッグの不具合に起因するリコールを届け出ていた。今回、日産『エクストレイル』の助手席エアバッグが異常破裂を起こした事故を受け、改善措置内容を見直して新たにリコールを届け出た。

対象となるのは、『ヴィッツ』『ノア』『ヴォクシー』『アルファードG』『アルファードV』『アルファード ハイブリッド』『プロボックス』『サクシード』『カローラ』『カローラランクス』『アレックス』『カローラフィールダー』『ヴェルタ』『イプサム』『マークII』『ヴェロッサ』『ブレビス』『マークIIブリット』『ガイア』『WiLL サイファ』『オーパ』『WiLL VS』の計22車種で、2004年1月6日~2008年12月25日に製造された161万2670台。

今回の再リコールでは、助手席用エアバッグのインフレータを全車両新品と交換。交換用部品が不足した場合は、助手席エアバッグの機能を停止するとともに、助手席サンバイザ部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品