【ミラノショー15】ドゥカティに「アンダー400」登場、スクランブラー Sixty2

モーターサイクル 新型車

ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
ミラノショー2015の開催に合わせ、ドゥカティは日本でなら普通二輪免許で乗れる『スクランブラー Sixty2』を発表した。

スチール製トレリスフレームに搭載されるエンジンは、排気量399ccの空冷L型2気筒。ドゥカティとしては、2008年まで日本市場に向けて出荷されていた『モンスター400』以来のアンダー400モデルだ。

Sixty2 のネーミングは、1962年、初代ドゥカティ スクランブラーが登場した年に由来し、アメリカで流行したポップアートにまで遡ることができる。史上もっともポピュラーなモデルであり、ポップ・アイコンとしての役割を担っていく。

ライディングポジションは、ワイドなハンドルバーとロングシートにより、快適でリラックスできるもの。専用デザインが施されたティアードロップ型スチール燃料タンクをはじめ、トラディショナルな正立式フロントフォーク、クラシックなデザインのスチール製スイングアーム、デュアル・チャンネルABSを標準装備。

車体色はアトミック・タンジェリン、オーシャン・グレイ、シャイニング・ブラックの3色を設定し、フロント/リアのLEDライトや液晶メーターなど、最新式のコンポーネントが組み合わされている。

税込み価格は89万9000円で、2016年春に日本導入予定。反骨精神、扱い易さ、そしてバイクの楽しさを表現し、伝統とモダンなスタイルを融合した。

今回、BMW Motorradもアンダー400モデルとなる『G310R』を発表している。大型バイクがラインナップのメインだった外国車勢が、日本をはじめとするアジア市場に照準を合わせてきている模様だ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

    「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

  2. 対象台数増やし、8月末日まで期間延長...二輪車ETCの車載器購入助成

    対象台数増やし、8月末日まで期間延長...二輪車ETCの車載器購入助成

  3. 1800人のハーレー乗りが熊本・阿蘇を元気づけた! 合計176万円の寄付も集まる

    1800人のハーレー乗りが熊本・阿蘇を元気づけた! 合計176万円の寄付も集まる

  4. 300台のハーレーが阿蘇に集結! 復興願う

  5. TRICK STARが2017年世界耐久選手権にフル参戦---チャンピオン獲得宣言

  6. 【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

  7. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…元MotoGPチャンプ加入、MuSASHi RT HARC-PRO.

  8. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…ZX-10R で表彰台が見えてきたTeam GREEN

  9. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  10. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…通算5勝目を狙うヨシムラ スズキ Shell ADVANCE

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら