【ミラノショー15】ドゥカティに「アンダー400」登場、スクランブラー Sixty2

モーターサイクル 新型車

ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
  • ドゥカティスクランブラー Sixty2
ミラノショー2015の開催に合わせ、ドゥカティは日本でなら普通二輪免許で乗れる『スクランブラー Sixty2』を発表した。

スチール製トレリスフレームに搭載されるエンジンは、排気量399ccの空冷L型2気筒。ドゥカティとしては、2008年まで日本市場に向けて出荷されていた『モンスター400』以来のアンダー400モデルだ。

Sixty2 のネーミングは、1962年、初代ドゥカティ スクランブラーが登場した年に由来し、アメリカで流行したポップアートにまで遡ることができる。史上もっともポピュラーなモデルであり、ポップ・アイコンとしての役割を担っていく。

ライディングポジションは、ワイドなハンドルバーとロングシートにより、快適でリラックスできるもの。専用デザインが施されたティアードロップ型スチール燃料タンクをはじめ、トラディショナルな正立式フロントフォーク、クラシックなデザインのスチール製スイングアーム、デュアル・チャンネルABSを標準装備。

車体色はアトミック・タンジェリン、オーシャン・グレイ、シャイニング・ブラックの3色を設定し、フロント/リアのLEDライトや液晶メーターなど、最新式のコンポーネントが組み合わされている。

税込み価格は89万9000円で、2016年春に日本導入予定。反骨精神、扱い易さ、そしてバイクの楽しさを表現し、伝統とモダンなスタイルを融合した。

今回、BMW Motorradもアンダー400モデルとなる『G310R』を発表している。大型バイクがラインナップのメインだった外国車勢が、日本をはじめとするアジア市場に照準を合わせてきている模様だ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

    【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  2. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

    カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  3. ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

    ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

  4. BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

  5. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  6. カワサキ ZRX1200 DAEG、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  7. 【ハーレー FLHXSE CVO ストリートグライド 試乗】ゴージャスを極めた純正カスタム…青木タカオ

  8. 「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

  9. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

  10. ヤマハ WR250R、2017年モデルを発売…YZシリーズのグラフィックイメージ採用

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら