【ボルボ V60クロスカントリー D4 SE 試乗】パワフルで質の高いオフタイムが楽しめる…岩貞るみこ

試乗記 輸入車

ボルボ V60クロスカントリー
  • ボルボ V60クロスカントリー
  • ボルボ V60 クロスカントリー D4 SE
  • ボルボ V60クロスカントリー
  • ボルボ V60クロスカントリー
  • ボルボ V60 クロスカントリー D4 SE
  • ボルボ V60クロスカントリー
  • ボルボ V60クロスカントリー
  • ボルボ V60クロスカントリー
クロスカントリーという名前にディーゼルエンジンとくれば、それだけで気持ちが高揚する。自然を相手に遊ぼうと思うと、ガソリンスタンドが開いている時間帯に移動しない確率が高くなるゆえ、ワンタンクで走れる距離の長さは魅力なのだ。

本格的なSUVとしては『XC』シリーズがあるものの、このクロスカントリーだって最低地上高が200mmとなかなかの気合の入れっぷりである。ラフロード&雪道を常とするユーザーにしてみれば、200mmは最低条件だろう。

最低地上高がある→ヒップポイントが高い→乗り降りがしやすい→目線も高くなる→前が見渡せて安心する。ただ、アタマの位置が高くなるということは、それだけコーナーをまわるときに遠心力の影響が出やすいということである。

さあ、どうだ。そんな疑惑まんまんな気持ちで乗り込んでみたところ、いい意味で期待は裏切られる。アタマがぶれないのだ。上体が横にひっぱられることも少なく、つまりは視点もずれない。『V60』という、ある意味大柄なボディでも、実にスムーズにコーナーをクリアしていくのである。

加えてディーゼル。ターボでサポートされているとはいえ、どこからターボなのか、うっかりしなくてもわからない。さらには8速ATの滑らかさも加わり、なんとも上質でパワフルで質の高いオフタイムを楽しめるというわけだ。

質の高さといえば、インテリアの北欧スタイルもはずせない。冬が近づき星が近くなる季節は、北欧のクルマが2割かっこよく見えるのは、私だけではないと思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。
《岩貞るみこ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 後編】ニッチ過ぎる立ち位置、ライバルは「レヴォーグ」か…井元康一郎

    【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 後編】ニッチ過ぎる立ち位置、ライバルは「レヴォーグ」か…井元康一郎

  2. 【ボルボ XC90 T8 試乗】T6プラス100万円、プラグイン7シーターという価値…井元康一郎

    【ボルボ XC90 T8 試乗】T6プラス100万円、プラグイン7シーターという価値…井元康一郎

  3. 【DS 4 クロスバック 試乗】都会で輝くクロスオーバー、気になるのは後席乗降性…青山尚暉

    【DS 4 クロスバック 試乗】都会で輝くクロスオーバー、気になるのは後席乗降性…青山尚暉

  4. 【DS 3 試乗】走り軽快爽快な末っ子“カップルズカー”…青山尚暉

  5. 【マツダ アクセラ 3200km試乗 後編】“萌え要素”があれば、まだまだ面白くなる…井元康一郎

  6. 【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 前編】人馬一体を感じさせる足回り、ハイブリッドとの違い顕著に…井元康一郎

  7. 【メルセデス CLS 試乗】驚異的燃費に唖然。ディーゼル人気ますます上昇か…中村孝仁

  8. 【ボルボ XC90 試乗】唯一の存在になれるか、“プレミアムチャレンジャー”…井元康一郎

  9. 【BMW 4シリーズ 試乗】スタイル抜群、乗っているだけで贅沢な気分…中村孝仁

  10. 【トヨタ パッソ 試乗】真面目さが伝わるスペック、仕上がり…島崎七生人

アクセスランキングをもっと見る