【リコール】テスラ モデルS、シートベルト不具合で国内681台を回収

自動車 ビジネス 国内マーケット

テスラ モデルS P85D(参考画像)
  • テスラ モデルS P85D(参考画像)
  • 改善箇所
テスラモーターズジャパンは11月24日、EV(電気自動車)スポーツカー『モデルS』のシートベルトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、テスラ『モデルS』1車種で、2014年7月4日から2015年11月20日に輸入された681台。

前席シートベルトのプリテンショナーとシートベルトアンカーの取り付けが不適切なため、最悪の場合、シートベルトが外れ乗員を拘束できなくなる恐れがある。

この不具合は、欧州の顧客からの報告で発覚し、米国テスラ本社は、全世界で販売した全てのモデルS 約9万台をリコールすると発表している。

改善措置として、前席シートベルトアンカーの固定状態を点検し、不適切な取り付けがある場合はプリテンショナーカバーを交換後、アンカーボルトを締め付ける。

国内では不具合および事故ともに発生していない。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

    いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  2. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

    テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  3. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

    ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  4. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  5. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  6. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位 6月

  7. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  8. ボルボカーズの営業利益が3.3倍 上半期決算

  9. プジョー世界販売…0.5%増の89万台 上半期

  10. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら