新旧「ゴースト」共演も…赤レンガでロールス&ベントレーの祭典

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ロールス・ロイス&ベントレー・デイ2015
  • ロールス・ロイス&ベントレー・デイ2015
  • ロールス・ロイス&ベントレー・デイ2015
  • ロールス・ロイス&ベントレー・デイ2015
  • ロールス・ロイス&ベントレー・デイ2015
  • ロールス・ロイス&ベントレー・デイ2015
  • ロールス・ロイス&ベントレー・デイ2015
  • ロールス・ロイス&ベントレー・デイ2015
  • ロールス・ロイス&ベントレー・デイ2015
日本国内のロールス・ロイス/ベントレーの愛好家クラブとしては最も旧い歴史を持つ、「日本ロールスロイス・ベントレー・オーナーズ・クラブ(RRBOCJ)」。その恒例ミーティング「ロールス・ロイス&ベントレー・デイ」は、2002年に神宮外苑絵画館前広場にて初開催。2004年以降は、横浜赤レンガ倉庫前広場へと会場が変更されて現在に至っている。

そして11月22日、通算で14回目となる「ロールス・ロイス&ベントレー・デイ2015」が、今年も無事に開催されることとなった。

この日の赤レンガ倉庫前広場には、約40台もののロールス・ロイスおよびベントレーが来場。第二次大戦前のロールス・ロイスから、1950年代に端を発するR-Rシルヴァークラウド/ベントレーSタイプ系、1980年代のR-Rコーニッシュ。近代ベントレーを代表するコンチネンタルR/アズールなど、個性的なモデルたちが揃った。

そしてRRBOCJ和田篤泰会長の愛車で、今やこのイベントのシンボル的存在とも称される1910年型R-Rシルヴァーゴーストと、ロールス・ロイス社の正規代理店ニコル・カーズの協力で出品された2015年モデルのゴースト・シリーズを一堂に並べることによって、実に105年もの時を隔てた「ゴースト共演」を実現。さらにベントレー・ジャパン代理店、コーンズ・モータースが出品した2015年型ベントレー・ミュルザンヌがその脇を固めるなど、ロールス・ロイスとベントレーという名門ブランドが築いてきた、栄光のヒストリーを感じることのできる趣向となっていたのである。

しかし、今回最も興味深かったのは、まだ20歳代の若き愛好家たちの姿が見られたこと。自動車界きっての「大人のブランド」であるR-R/ベントレーを、知恵と勇気で一所懸命に乗ろうとする様子には、周囲の年長者たちも暖かい視線を送っていたようだ。

来る2016年は、このロールス・ロイス&ベントレー・デイが第15回目を飾るとともにとともに、RRBOCJも20周年を迎える記念すべき年とのこと。R-R/ベントレーという、自動車界最高の2ブランドを愛してやまないエンスージアストたちには、今後も積極的な活動を期待したいものである。
《武田 公実》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品