前走車を追い抜きガードレール突き破る…運転者が死亡

自動車 社会 社会

17日午後9時45分ごろ、広島県広島市安佐北区内の山陽自動車道下り線を走行していた乗用車が道路左側のガードレールに衝突。これを突き破って路外に転落する事故が起きた。運転していた44歳の男性が死亡している。

広島県警・高速隊によると、現場は広島市安佐北区小河原町付近で片側2車線の緩やかなカーブ。乗用車は前走するクルマを追い抜くために第2車線へ進出。追い越しを終えて第1車線に戻ろうとした際に道路左側のガードレールに衝突し、これを突き破って路外に転落した。

衝突によってクルマは中破。運転していた安佐南区内に在住する44歳の男性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打が原因でまもなく死亡している。

事故当時、現場付近では雨が降っており、路面が濡れて滑りやすい状態だった。警察では死亡した男性がハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品