クラシックベンツもほぼオリジナル状態に…メルセデス・ベンツ日本、輸入車初の取り組み

自動車 ビジネス 企業動向

メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
メルセデス・ベンツ日本株式会社(以下MBJ)は新車整備累計100万台達成及び会社設立30周年を記念して、日本における輸入車メーカーとしては初めての取り組みとして「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を2016年1月より開始すると発表した。

このプログラムは、メルセデスベンツを長期間愛用するオーナーに対するサービス。新車整備センターの最新設備、当時の故障診断機や参考文献、当該モデルの新車整備を担当した経験豊富なスタッフを活用し、メーカー再生パーツ「リマン部品」も用いて車両コンディションをオリジナルに近い状態に戻すメニューだ。

古いモデルを愛用する顧客へのフォローに加え、数十年経っても使用できる商品ならびにサービス体勢の認知をはかるのが狙い。利用する際は、全国のメルセデスベンツ正規ディーラーにて同プログラムを指定して申し込む。

日本では古いクルマのユーザーに対しての制度としてのサポートが充実しているとは言えないかもしれないが、メーカーがこうした動きをすることは、オーナーにとっては大変心強いものだと言えるだろう。
《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  2. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

    【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  3. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

    タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  4. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

  5. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  6. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  7. 日産、リコール対象車の入庫を促進…未実施車のバックドアで負傷事故発生

  8. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  9. ダイハツ タント、バックドアのステー破損で負傷事故発生

  10. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら