クラシックベンツもほぼオリジナル状態に…メルセデス・ベンツ日本、輸入車初の取り組み

自動車 ビジネス 企業動向

メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
  • メルセデス・ベンツ日本「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を開始(写真は豊橋の新車整備センター)
メルセデス・ベンツ日本株式会社(以下MBJ)は新車整備累計100万台達成及び会社設立30周年を記念して、日本における輸入車メーカーとしては初めての取り組みとして「ヤング・クラシックリフレッシュ プログラム」を2016年1月より開始すると発表した。

このプログラムは、メルセデスベンツを長期間愛用するオーナーに対するサービス。新車整備センターの最新設備、当時の故障診断機や参考文献、当該モデルの新車整備を担当した経験豊富なスタッフを活用し、メーカー再生パーツ「リマン部品」も用いて車両コンディションをオリジナルに近い状態に戻すメニューだ。

古いモデルを愛用する顧客へのフォローに加え、数十年経っても使用できる商品ならびにサービス体勢の認知をはかるのが狙い。利用する際は、全国のメルセデスベンツ正規ディーラーにて同プログラムを指定して申し込む。

日本では古いクルマのユーザーに対しての制度としてのサポートが充実しているとは言えないかもしれないが、メーカーがこうした動きをすることは、オーナーにとっては大変心強いものだと言えるだろう。
《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  2. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  3. ルノーの小型SUV、クウィッド も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ルノーの小型SUV、クウィッド も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  4. 三菱自、企業倫理委員会の終了を決定…リコール隠し事件後の取締役会諮問機関

  5. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  6. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位…4月

  7. トーヨータイヤ、ブランドコンセプトムービー第2弾…そのタイヤに驚きはあるか[動画]

  8. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  9. ブリヂストン、ICTを駆使したタイヤ成型システムの導入を発表

  10. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

アクセスランキングをもっと見る