EV電池を大型蓄電池設備に再利用、住友商事が設備完工

自動車 ビジネス 企業動向

住友商事は、鹿児島県薩摩川内市と、鹿児島県薩摩川内市甑島に建設している電気自動車(EV)使用済み電池を再利用する大型蓄電池設備「EVリユース蓄電池システム」を完工した。

世界で初となるEVリユース蓄電池を電力系統に接続するシステムで、今後「甑島蓄電センター」の名称で運用を開始し、自治体が中心となって離島に再生可能エネルギーを普及させるための共同実証事業を進める。

同事業は、離島が直面する再エネの課題を解決する自治体モデルケースの確立を目指すもの。EVリユース蓄電池システムを段階的に電力会社の系統へ接続させ、甑島に点在する複数の再エネを、ひとつの蓄電池でまとめて安定化し、島内にできるだけ多くの再エネ導入を検証する。

「甑島蓄電センター」は、電力会社以外の事業者が蓄電池を単独で電力系統につなげる国内で初めての事例となる。事業の実施にあたっては、九州電力からの技術協力と助言を受け、系統接続蓄電池の安全な運用方法や蓄電池の効果を見極めながら、自治体モデル事業としての運用ノウハウを構築する計画。

今後の計画で、経済性の高いEVリユース蓄電池システムを用いた低コスト事業モデルを確立、将来は、補助金に頼らない再エネの普及環境整備を目指す。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品