【ミラノショー15】ありそうでなかったダートも走れるスクーター…ホンダ

モーターサイクル 新型車

ホンダ シティ・アドベンチャー・コンセプト
  • ホンダ シティ・アドベンチャー・コンセプト
  • ホンダ シティ・アドベンチャー・コンセプト
  • ホンダ シティ・アドベンチャー・コンセプト
  • ホンダ シティ・アドベンチャー・コンセプト
  • ホンダ シティ・アドベンチャー・コンセプト
「EICMA2015(ミラノショー)」がイタリア・ミラノにて開催中だが、ホンダが公開した『シティ・アドベンチャー・コンセプト』が面白い。

ホンダは「まったく新しいアドベンチャーモデルの提案」といい、「市街地でのライディングにもアドベンチャーのスピリットを取り入れた」としている。

「ホンダ独自のテクノロジーを進化させながら、ユーザーのより豊かなライフスタイルの方向性を提案する」という。

コンセプトモデルなので、実際に売られるどうかはわからないが、スクーターであるにも関わらずアドベンチャーモデルというのは新しい発想だ。

前後サスペンションのストロークは長く、フロントフォークには倒立式が与えられる。タイヤは悪路も想定したダートタイヤで、サイズは前輪が120/70R17、後輪は170/60R15。

ウインドスクリーンは走行状況によって最適化できるよう可変式となっており、両ハンドルグリップ部には腕を守るハンドガードも備えている。

普段はシティコミューターで、休日はちょっとしたダートを気軽に走る。そんなスクーター、たしかに今までなぜなかったのだろう、と思わせるコンセプトモデルだ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

    ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

  2. 【インドネシアオートショー16】2輪は脇役でも個性派ブランドが存在感を見せる

    【インドネシアオートショー16】2輪は脇役でも個性派ブランドが存在感を見せる

  3. ハーレーダビッドソン ストリート750 発売、価格は85万円から

    ハーレーダビッドソン ストリート750 発売、価格は85万円から

  4. カワサキ Ninja 250、2017年モデルを発表…カラー&グラフィックを変更

  5. BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

  6. ホンダ、モトクロス競技モデル CRF450R をフルモデルチェンジ

  7. ドッペルギャンガー、ソロツーリング向け軽量テントを発売

  8. ヘルメットを被ったままで通話できる---バイク用インカム発売

  9. カワサキ ZRX1200 DAEG、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  10. ホンダ CB400スーパーフォアシリーズをモデルチェンジ…外観をブラッシュアップ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら