【ミラノショー15】スズキ SV650/A 新型…ローRPMアシストやイージースタートで利便性向上

モーターサイクル 新型車

スズキ SV650/A
  • スズキ SV650/A
  • スズキ SV650/A
  • スズキ SV650/A
  • スズキ SV650/A
  • スズキ SV650/A
  • スズキ SV650/A
  • スズキ SV650/A
  • スズキ SV650/A
いま開催中のイタリア・ミラノショーで発表されたスズキの新型『SV650/A』。日常用途での利便性をさらに高めたロードスポーツモデルへと進化した模様だ。

まず、新採用の「ローRPMアシスト」は、市街地走行などでの操作性を向上するもので、発進時や低回転域においてエンジン回転数を若干上げる新機構。

さらに「スズキイージースタートシステム」は、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する。

81×62.6mmのボア×ストロークを持つ645ccDOHCエンジンは、『グラディウス』譲りのV型2気筒をベースに、新排出ガス規制「ユーロ4」(欧州仕様車)に対応させたもので、出力と燃費性能を向上。ピストンのスカート部にスズめっきと樹脂コートを施し、メカニカルロスを低減し燃焼効率を高めている。

カタログ値は次の通りで、最高出力53.0kW/8,400rpm、最大トルク64Nm/6400rpmだったグラディウスに対し、新型SV650/Aでは、56.0kW/8500rpm、64Nm/8100rpmとなった。

70点以上の新作パーツとコンポーネントによって、グラディウスより8kg(ABS仕様車)の軽量化を実現したほか、足着き性も向上。コンパクトになった新ABSユニットを採用するなど、細部にわたるまでグレードアップが図られている。

新型SV650/Aは、11月20日~23日の名古屋モーターショーで展示される。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

    ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  2. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  3. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…F.C.C. TSR Hondaは世界耐久タイトルねらう

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…F.C.C. TSR Hondaは世界耐久タイトルねらう

  4. 【バイクの日】秋葉原で車両展示やアニメ「ばくおん!!」ステージ

  5. 【夏休み】スマイル・オン…女性白バイ隊&女性ライダーでパレードなど

  6. 【夏休み】バイクの遊園地…KTMがオフロードユーザー向けイベント

  7. 限定5万台を実質棚上げ 応募殺到でキャンペーン継続中...二輪車ETC助成

  8. ホンダ CB1300シリーズ にも”漆塗り”イメージの限定カラー

  9. 「世界一速い郵便配達を」Honda熊本レーシング手島雄介…ふみの日

  10. 手島雄介選手が真夜中に運んだポケバイ5台、KITTEにズラリ 7月23-24日

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら