オートバックス、車買取査定システム「査定Dr.」が特許を取得

自動車 ビジネス 国内マーケット

オートバックスセブンは11月18日、車買取査定システム「査定Dr.」を使用した査定方法で特許を取得したと発表した。

査定Dr.は、車買取・販売の「オートバックスカーズ」で活用しているタブレット端末を使った査定システム。端末に表示される各部位のチェック箇所を、検査項目ごとに確認・入力し、付属の膜厚測定器を用いて塗装膜を測定することで修復歴を判別する。今回特許を取得したのは、この「車体再塗装有無の判定方法および同判定システム」だ。

査定Dr.では、これらのデータを本部へ送信、検査結果を集積・一括管理を行い、査定価格を算出する。査定は買取査定の研修を受講し、合格した専任スタッフが担当。スタッフの熟練度合いに左右されず、勘に頼らない査定を実現している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

    【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  4. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  6. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  7. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】未体験の視点、透明なクルマに乗って触って…ZF

  9. 日本の自動車メーカーの米国雇用、過去最高の46万人…2015年

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】現行 リーフ の倍、60kWhバッテリーを参考出品…日産

アクセスランキングをもっと見る