ヤマハ VMAX、2016年モデルを発売…新色ダークパープリッシュブルーを設定

モーターサイクル 新型車

ヤマハ VMAX(2016年モデル)
  • ヤマハ VMAX(2016年モデル)
  • ヤマハ VMAX(2016年モデル)
  • ヤマハ VMAX(2016年モデル)
  • ヤマハ VMAX(2016年モデル)
ヤマハ発動機は、独特のスタイリングと圧倒的な加速力が特徴の大型二輪『VMAX』の2016年モデルを12月10日より発売する。

2世代目のVMAXは1679cc水冷V型4気筒エンジンを搭載し、国内仕様は最高出力151ps、最大トルク148N・mを発生。YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)とYCC-I(ヤマハ電子制御インテーク)によって圧倒的な加速性能を実現している。

2016 年モデルは「Top of Performance Cruiser」をコンセプトに新色「ダークパープリッシュブルーメタリックLL(ブルー)」を採用し、VMAXのパフォーマンスを若々しい生命感で表現した。エンジンやエアインテーク、サイドカバーなどメタル材とのコントラストが、みなぎるパワーを強調している。

主要諸元に変更はない。価格は237万6000円。VMAX取扱店での販売となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  2. 二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

    二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

  3. ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

    ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

  4. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  5. ヤマハ、ナイジェリアに再参入…二輪新工場を開業

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  9. 【ミラノショー15】“キング”の名にかけ新開発 スズキ GSX-R1000…MotoGP直系の電子デバイスも

  10. 【トライアンフ タイガー800XRx 試乗】上質感が増したトリプルエンジンのオールラウンダー…青木タカオ

アクセスランキングをもっと見る