コンチネンタル、低価格のコンパクトカー向け電動パーキングブレーキを開発

自動車 テクノロジー 安全

コンチネンタル 電動パーキングブレーキ(EPB)コンセプト
  • コンチネンタル 電動パーキングブレーキ(EPB)コンセプト
  • コンチネンタル 電動パーキングブレーキ(EPB)コンセプト(参考画像)
コンチネンタルは11月16日、コンパクトカーのドラムブレーキ向け電動パーキングブレーキ(EPB)コンセプトを開発したと発表した。

新システムは、後輪ドラムブレーキで機械式パーキングブレーキを兼用している低価格帯車両セグメントをターゲットとしたもの。ドラムブレーキのベースパネルに組み込んだアクチュエーターと制御ソフトウェアをESC(横滑り防止装置)に統合し、ボタン1つでパーキングブレーキをかけることができる。

低価格のドラムブレーキおよびビルトイン構造の制御エレメントをESCで制御することで、軽量、高効率、低コストを同時に実現する。また同社によると、将来的には小型トラックやSUVに使用されているドゥオ・サーボ式ブレーキへも適応可能だとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品