VW のCO2不正、ガソリン車は ゴルフ や ポロ が対象に

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲン ゴルフ
  • フォルクスワーゲン ゴルフ
  • フォルクスワーゲン ポロ
  • 新型フォルクスワーゲン パサート ヴァリアント
フォルクスワーゲングループが排ガス中のNOX(窒素酸化物)だけでなく、CO2(二酸化炭素)でも、実際の排出量よりも低く見せる不正を行っていた問題。この問題に該当するフォルクスワーゲン乗用車ブランドの具体的車種名が判明した。

これは11月13日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。CO2問題の最新の調査結果を公表し、「フォルクスワーゲン乗用車ブランドの最新2016年モデル12車種が対象になる」と発表している。

新たに発覚したCO2問題では、NOXがディーゼルエンジンだけの問題だったのに対して、ガソリンエンジンも対象に。そのガソリンエンジン搭載車の車名は、日本でもお馴染みの車ばかり。

12車種のうち、ガソリンエンジン搭載の対象車があるのは、『ポロ』『ゴルフ』『パサートヴァリアント』『ジェッタ』。ポロは1.0リットル直列3気筒TSI(最大出力95ps)のDSG、ゴルフは気筒休止機能の付いた1.4リットル直列4気筒TSI(最大出力150ps)のMTおよびDSG。2.0リットル直列4気筒TSIでは、「ゴルフGTI」(最大出力220ps)のMTおよびDSG、「ゴルフR」(最大出力300ps)のMTおよびDSG。

パサートヴァリアントは、気筒休止機能の付いた1.4リットル直列4気筒TSI(最大出力150ps)のMT、2.0リットル直列4気筒TSI(最大出力220ps)のMTおよびDSGが該当する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 溶融亜鉛めっきの生産量で日本記録を更新---新日鉄住金

    溶融亜鉛めっきの生産量で日本記録を更新---新日鉄住金

  2. 公共機関向けIoTソリューション…シスコとPhone Appliが協業

    公共機関向けIoTソリューション…シスコとPhone Appliが協業

  3. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

    レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  4. チョウチョと遊ぶニャンコたち…こんなデザインのサンシェード

  5. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  6. いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

  7. デンソーの人工知能プロジェクト…ねらいは車載器とIoT

  8. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  9. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  10. 名車切手セット スカイラインGT-R BNR32 を発売へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら