VW のCO2不正、ガソリン車は ゴルフ や ポロ が対象に

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲン ゴルフ
  • フォルクスワーゲン ゴルフ
  • フォルクスワーゲン ポロ
  • 新型フォルクスワーゲン パサート ヴァリアント
フォルクスワーゲングループが排ガス中のNOX(窒素酸化物)だけでなく、CO2(二酸化炭素)でも、実際の排出量よりも低く見せる不正を行っていた問題。この問題に該当するフォルクスワーゲン乗用車ブランドの具体的車種名が判明した。

これは11月13日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。CO2問題の最新の調査結果を公表し、「フォルクスワーゲン乗用車ブランドの最新2016年モデル12車種が対象になる」と発表している。

新たに発覚したCO2問題では、NOXがディーゼルエンジンだけの問題だったのに対して、ガソリンエンジンも対象に。そのガソリンエンジン搭載車の車名は、日本でもお馴染みの車ばかり。

12車種のうち、ガソリンエンジン搭載の対象車があるのは、『ポロ』『ゴルフ』『パサートヴァリアント』『ジェッタ』。ポロは1.0リットル直列3気筒TSI(最大出力95ps)のDSG、ゴルフは気筒休止機能の付いた1.4リットル直列4気筒TSI(最大出力150ps)のMTおよびDSG。2.0リットル直列4気筒TSIでは、「ゴルフGTI」(最大出力220ps)のMTおよびDSG、「ゴルフR」(最大出力300ps)のMTおよびDSG。

パサートヴァリアントは、気筒休止機能の付いた1.4リットル直列4気筒TSI(最大出力150ps)のMT、2.0リットル直列4気筒TSI(最大出力220ps)のMTおよびDSGが該当する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ブリッド、リクライニングシートの新モデル ディーゴIIIライツ を発売

    ブリッド、リクライニングシートの新モデル ディーゴIIIライツ を発売

  2. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  3. 【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

    【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

  4. ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

  5. 「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

  6. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  7. マツダ英国販売12%増、CX-3 と ロードスター が牽引…1‐5月

  8. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

  9. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  10. 【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

アクセスランキングをもっと見る