人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

グーグルの自動運転車、警察から事情聴取…速度が遅すぎる

自動車 テクノロジー 安全

グーグルが自社開発した自動運転車の最新プロトタイプ
  • グーグルが自社開発した自動運転車の最新プロトタイプ
  • グーグルのロボットカーのテスト車、レクサスRXのハイブリッド、RX450h
グーグル(Google)が、早期の実用化を目指して開発を進めている自動運転車(ロボットカー)。同車が公道テスト中、警察官に事情聴取を受けたことが分かった。

これは11月12日、米国カリフォルニア州のマウンテンビュー市警察が公式ブログで明らかにしたもの。「グーグルの自動運転車に停止を求め、エンジニアから事情聴取した」と公表している。

同警察によると、パトロール中の警察官が、制限速度56km/hの公道を38km/hで走行するグーグルの自動運転車を発見。渋滞の原因になっていたため、路肩に停止するよう求めたという。

そして警察官は、グーグルのエンジニアに対して、「各道路で、どのように走行速度を設定しているのか」について、事情聴取。エンジニアは、「カリフォルニア州車両法の近隣電気自動車規定に従って走行しているため、最高速を40km/hに制限している」と答えたとのこと。

なお、マウンテンビュー市警察は、今回の件を合法と判断し、違反に問うことはなかった。同警察は、「自動運転のテスト車両が公道での安全走行を確保するために、グーグルの担当者と定期的に面会していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」音響パーツとしての役割

    【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」音響パーツとしての役割

  2. フルデジタルサウンドヘッドホン「ZH700FF」、クラリオンが発売

    フルデジタルサウンドヘッドホン「ZH700FF」、クラリオンが発売

  3. 【セーフティアイテム最新事情】死角の障害物を捕捉…プロも認めるセンサー

    【セーフティアイテム最新事情】死角の障害物を捕捉…プロも認めるセンサー

  4. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  5. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  6. 【IIHS衝突安全】ヒュンダイ エラントラ 新型…最高評価

  7. 渋滞回避がより的確に…約20年ぶりの新サービス「VICSワイド」とは

  8. ダイハツ ムーヴに「楽ナビ」取付けてみた…思わぬ所に落とし穴も?

  9. 【GARMIN vivosmart J インプレ後編】アンチ腕時計派も納得、フィットネスバンドの完成型

  10. 【GARMIN Edge 1000J インプレ前編】“ハイエンドのさらに上”を目指した究極サイクリングコンピュータ

アクセスランキングをもっと見る