VW、CO2排出量でも不正…43万台が最新の2016年型

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲン ゴルフ(北米仕様)
  • フォルクスワーゲン ゴルフ(北米仕様)
  • 欧州のVW販売店(資料画像)
一部ディーゼルエンジンに、排ガス試験を不正にクリアする違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。新たに発覚したCO2(二酸化炭素)の排出量での不正に関して、最新の調査結果が公表された。

当初、フォルクスワーゲングループの不正は、一部ディーゼルエンジン車の排ガス試験において、NOX(窒素酸化物)の量を実際よりも少なく見せるために、違法なソフトウェアを使用していた。

しかし11月3日、明らかになった新たな問題では、排ガス中のCO2(二酸化炭素)の量を示すデータも、不正に操作していた。これは、フォルクスワーゲングループの社内調査で判明したもので、ディーゼルだけでなく、ガソリンエンジンも含まれ、およそ80万台が対象と説明していた。

11月13日、フォルクスワーゲングループは、この問題に関する最新の調査結果を公表。「対象となる80万台のうち、およそ43万台が最新の2016年モデル」と発表している。

この43万台には、フォルクスワーゲングループの各ブランド、フォルクスワーゲン乗用車、アウディ、セアト、シュコダ、フォルクスワーゲン商用車が含まれる。フォルクスワーゲングループは最新モデルでも、不正を行っていたことになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

    ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

  2. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  3. ジヤトコ、軽・小型FF車用「CVT7」の生産が累計1000万台達成…7年1か月

    ジヤトコ、軽・小型FF車用「CVT7」の生産が累計1000万台達成…7年1か月

  4. デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

  5. MINI クラブマン 新型、米国でリコール…サイドエアバッグに不具合

  6. 米運輸省、FCAの監視期間を1年延長…安全慣行めぐって

  7. ピニンファリーナデザインの高級ルーフボックス、テルッツォが発売

  8. 宅急便の荷物受け取り日時を事前に指定---ヤマト運輸のサービス

  9. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  10. VW、サプライヤーと和解…独6工場の生産再開へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら