複数ディーゼル車で新たな排ガス不正の可能性…ドイツ当局

自動車 ビジネス 企業動向

ドイツのKBA(連邦自動車局)が明らかにしたもの。「50車種以上のディーゼル車の排出ガスを調査した結果、NOX(窒素酸化物)の排出量が多い車種が複数確認された」と発表
  • ドイツのKBA(連邦自動車局)が明らかにしたもの。「50車種以上のディーゼル車の排出ガスを調査した結果、NOX(窒素酸化物)の排出量が多い車種が複数確認された」と発表
  • フォルクスワーゲンのターボディーゼル「TDI」エンジン
一部ディーゼル車に、排ガス試験を不正にクリアする違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。この問題が、他の自動車メーカーにも拡大する可能性が出てきた。

これは11月11日、ドイツのKBA(連邦自動車局)が明らかにしたもの。「50車種以上のディーゼル車の排出ガスを調査した結果、NOX(窒素酸化物)の排出量が多い車種が複数確認された」と発表している。

KBAは、問題が見つかったディーゼル車について、メーカーやブランド名を公表していない。調査したのは、ドイツ国内メーカーと海外メーカーの車両になるという。

KBAでは9月下旬から、調査を開始。50車種以上のディーゼル車について、シャシーダイナモ上と市街地走行の両方のテストを行い、排出ガスを測定。排ガス中のNOXなどの有害物質の量に、両方のテストで大きな開きがないか、調査を行った。

ただし、これらのデータは、該当する自動車メーカーと当局の議論の中で、さらなる評価を進めている段階。KBAは、「その後で、最終的な結果を公表する」と説明している。 
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

    VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  2. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

    【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  3. マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

    マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

  4. 豊田通商など、再生可能エネルギーから水素を製造・利活用するモデル事業を実施

  5. トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

  6. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  7. 出光興産の大株主、昭和シェル石油との経営統合に反対意見

  8. スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

  9. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  10. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

アクセスランキングをもっと見る