【東京モーターショー15】アウディ A4アバント 新型…室内空間さらに拡大[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

アウディ A4 アバント(東京モーターショー15)
  • アウディ A4 アバント(東京モーターショー15)
  • アウディ A4 アバント(東京モーターショー15)
  • アウディ A4 アバント(東京モーターショー15)
  • アウディ A4 アバント(東京モーターショー15)
  • アウディ A4 アバント(東京モーターショー15)
  • アウディ A4 アバント(東京モーターショー15)
  • アウディ A4 アバント(東京モーターショー15)
  • アウディ A4 アバント(東京モーターショー15)
新型アウディ『A4アバント』のボディサイズは、全長4725mm、全幅1842mm、全高1434mm、ホイールベースが2820mm。ボディは先代と比べ、最高15kgの軽量化をしている。

ボディサイズを若干大型化しながらも、エンジン次第では先代比で最大120kgの軽量化を実現。また、エアロダイナミクス性能も追求し、空気抵抗係数は0.26と、静寂性に寄与している。

最大積載量は1510リットル(後部座席を倒した際)。後部座席が通常の状態では505リットルで、これは先代よりも15リットル増加。また、標準で電動ラゲッジコンパートメントカバーを装備した。

室内空間も拡大。先代に対して室内長が17mm伸びたのに加え、後席足元の空間は23mm拡大。前席は肩部分、頭上ともに空間のゆとりが増えた。静粛性の面でもクラストップレベルを実現し、静かで上質な車内空間を作り出している。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

    【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  2. スバル レヴォーグ STIパーツ装着車、乗れば運転が上手くなる?[写真蔵]

    スバル レヴォーグ STIパーツ装着車、乗れば運転が上手くなる?[写真蔵]

  3. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  4. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  5. トヨタ TRD プリウス、エコだけじゃないその走り[写真蔵]

  6. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  7. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  8. スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

  9. なぜカストロールエッジはアウディ R8 新型に純正採用されたのか?

  10. BMW M6クーペ、最高出力600psの100周年記念モデル…2321万円

アクセスランキングをもっと見る