人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

輸出産業の下期為替レート1ドル=120円が最多…中国リスクで慎重姿勢

自動車 ビジネス 企業動向

東京商工リサーチは、2016年3月期決算企業の下期想定為替レート調査結果をまとめた。

東証1部、2部上場メーカー77社のうち、30社、約4割の企業が対ドルの下期想定レートを1ドル=120円に設定した。外国為替市場では、円安基調が続き、自動車メーカー、自動車部品メーカーなど、輸出産業を中心に好業績をあげる企業が目立つ。次いで、115円が25社、118円が7社、119円が5社、121円が4社と続く。想定レートの最安値は125円だった。

対象77社は、期初時点で対ドル相場を1ドル=115円とした企業が43社と、全体の約6割を占めていた。下期想定レートの期初比較では、期初の「115円」と変わらずが23社で最も多かった。次いで、「115円から120円」に変更が11社、期初の「120円」と変わらずが9社と続く。

想定為替レートが期初時点と変わらないケースは37社と半数近くを占め、為替相場に対する上場企業の模様眺めをうかがわせた。

ただ、期初時点と変更なしが約半数を占め、中国経済の減速懸念などから、今後の経済環境の不安定さを警戒して、想定レート変更には慎重な姿勢だ。

調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機器メーカー(3月本決算企業)のうち、2016年3月期決算の業績見通しで第3四半期以降の下期想定為替レートが判明した77社を抽出したもの。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  2. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  3. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  4. 豊田通商など、再生可能エネルギーから水素を製造・利活用するモデル事業を実施

  5. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  6. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  7. 2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

  8. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  9. 高速バス100路線フリーパスなど…59社が結束、インバウンド活性化

  10. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

アクセスランキングをもっと見る