【リコール】ドゥカティ ムルティストラーダ、スロットルが重くなる

モーターサイクル 企業動向

ムルティストラーダ1200ABS
  • ムルティストラーダ1200ABS
  • 改善箇所
ドゥカティジャパンは11月10日、『ムルティストラーダ』シリーズのスロットルケーブルハウジングに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ディアベルシリーズ5車種で、2010年2月17日から2014年6月5日に輸入された1094台。

スロットルケーブルハウジングのケーブルガイドの構造が不適切なため、ハウジング内でスロットルケーブルがたわむものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ケーブルが屈曲し、スロットル操作が重くなるほか、最悪の場合、ケーブルが切れ、スロットル操作ができなくなるおそれがある。

全車両、スロットルケーブルハウジングを対策品に交換する。また、スロットルケーブルを確認し、変形や破損が認められるものは、スロットルケーブルを新品に交換する。

不具合および事故は起きていない。イタリア本社からの報告により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

    トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  2. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  5. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  6. 【ホンダ CB1100EX 試乗】見た目、走りとも飽きずに長く付き合える…青木タカオ

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  8. ドッペルギャンガー、ソロツーリング向け軽量テントを発売

  9. 【ドゥカティ スクランブラー SIXTY2 試乗】扱いやすさのなかにスポーティさがしっかり…青木タカオ

  10. トライアンフ、スポーツネイキッド ストリートトリプルRx を30台限定で発売

アクセスランキングをもっと見る