人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

スズキ社長、赤字の二輪事業「GSX-Rを柱に立て直しを図る」

モーターサイクル 企業動向

スズキ GSX-R1000 ABS 30周年記念カラー
  • スズキ GSX-R1000 ABS 30周年記念カラー
  • スズキの鈴木俊宏社長
スズキは11月4日、2016年3月期第2四半期決算を発表。増収増益で営業、経常、純利益ともすべて過去最高だったが、こと二輪事業については12億円の営業赤字で、とても手放しで喜べる状況ではない。

この5年間の業績を見ても、2014年3月期を除いて、すべて赤字決算。その14年3月期も営業利益はたったの1億円。ホンダが10.8%の営業利益率を誇っているのとは対照的だ。

これには鈴木俊宏社長も頭を痛めており、「ブランドがぶれているところがあり、主力ブランドが明確になっていない。もう一度はっきりさせていく必要がある。『GSX-R』を柱にブランドをしっかりつくり上げていき、そのバリエーションを増やしていく」と話す。

『GSX-R』シリーズは1985年に初代のナナハンが発売されてから今年で30周年を迎える。今年のMotoGPでは、初代を模した青と白の「30周年記念カラー」で参戦した。ファンの多いバイクだけに、どんなバリエーションが出てくるのか。スズキの二輪事業が赤字体質から脱却するには、GSX-Rの動向がカギを握りそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…ZX-10R で表彰台が見えてきたTeam GREEN

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…ZX-10R で表彰台が見えてきたTeam GREEN

  2. 【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

    【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

  3. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…通算5勝目を狙うヨシムラ スズキ Shell ADVANCE

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…通算5勝目を狙うヨシムラ スズキ Shell ADVANCE

  4. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  5. 中学生のマイナー競技にもスポットライトを...馳浩文科相

  6. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  7. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…Team KAGAYAMAは浦本が絶好調

  8. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…F.C.C. TSR Hondaは世界耐久タイトルねらう

  9. 限定5万台を実質棚上げ 応募殺到でキャンペーン継続中...二輪車ETC助成

  10. 【バイクの日】秋葉原で車両展示やアニメ「ばくおん!!」ステージ

アクセスランキングをもっと見る