スズキ社長、VWのディーゼル「使わせてもらえなくて良かった」 | レスポンス(Response.jp)

スズキ社長、VWのディーゼル「使わせてもらえなくて良かった」

自動車 ビジネス 企業動向

VWグループのターボディーゼル「TDI」エンジン(参考画像)
  • VWグループのターボディーゼル「TDI」エンジン(参考画像)
  • スズキ E08A型ディーゼルエンジン
スズキの鈴木俊宏社長は11月4日の決算発表会見で、9月に提携を解消した独VW(フォルクスワーゲン)との関係について、結果的に良かったこともあったと明かした。

これは世界的な排ガス不正問題となっているVW製ディーゼルエンジンについてで、スズキが2009年の提携後に供給を要請していたエンジンも不正の対象だったという。スズキはその後、伊フィアット製のディーゼルに切り替え、主力のインド市場向けモデルなどに搭載している。このことも両社の関係を悪化させる引き金となった。

鈴木社長はVW製ディーゼルを「使わせていただけなかった」ことが結果オーライだったとの受け止めを示した。そのうえでインドでは問題のディーゼルが出回らなかったため、「VWさんにもプラスに働いているのでは」と言及した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品