ボルボ、対カンガルー衝突回避システムの開発を豪州で開始…世界初

自動車 テクノロジー 安全

ボルボの対カンガルー安全テスト
  • ボルボの対カンガルー安全テスト
  • ボルボの対カンガルー安全テスト
  • ボルボの対カンガルー安全テスト
  • ボルボの対カンガルー安全テスト
ボルボは、世界初となる対カンガルー衝突回避システムの開発をオーストラリアで開始した。

オーストラリアでは、カンガルーとの衝突事故が毎年2万件以上発生。動物との衝突事故による死者や重傷者が多発しているほか、自動車保険の請求額も7500万豪ドル(約65億2500万円)を超えるなど、大きな経済損失の要因ともなっているという。

ボルボでは、この問題を解決するために、レーダとカメラ技術を使ってカンガルーを検知し、事故が差し迫まった場合、自動でブレーキを作動させる独自システムの開発に着手している。同社は、オーストラリアの首都キャンベラ近郊のタイドビンビーラ自然保護区に安全技術者チームを派遣。カンガルーの道路沿いでの行動を観察・記録。ここで収集されたデータは、世界初のカンガルー検知および衝突回避システムの開発に用いられる予定だ。

ボルボの上級セーフティエンジニアのマーティン・マグナッセン氏は、「ボルボの歩行者検知機能は市街地走行に重点を置いているが、カンガルー検知の研究は高速走行時を重視している。カンガルーは非常に予測しにくい動物であり、衝突を回避するのは困難だ。しかし、我々のテクノロジーにさらに改良を重ねることで、カンガルーを検知し、高速道路での事故を回避できると確信している」とコメントしている。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品