VW グループの排ガス問題、ガソリンエンジンにも拡大

自動車 ビジネス 企業動向

米国で幅広い車種にターボディーゼルの「TDI」を設定するフォルクスワーゲン(参考画像)
  • 米国で幅広い車種にターボディーゼルの「TDI」を設定するフォルクスワーゲン(参考画像)
  • ドイツ・ウォルフスブルクのVW工場(参考画像)
一部ディーゼルエンジンに、排ガス試験を不正にクリアする違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。この問題が、ガソリンエンジンにも拡大した。

これは11月3日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。同社は、「社内調査の結果、排ガス中のCO2排出量の認定値が、実際の排出量よりも低い車両が見つかった。およそ80万台で、大部分がディーゼル車」と発表している。

「大部分がディーゼル車」という発表が、ガソリン車も含まれることを示唆。従来、フォルクスワーゲングループの排ガス不正は、一部ディーゼル車だけの問題と見られていた。この問題が、ガソリン車にも拡大したことになる。

なお、フォルクスワーゲングループは、CO2性能に問題があるガソリンエンジンの詳細を明らかにしていない。結果次第では、ガソリンエンジンが主力の中国や日本にも、影響が及ぶ可能性がある。

フォルクスワーゲングループのマティアス・ミューラーCEOは、「徹底的かつ総合的な解明が、我々の唯一の選択肢」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  3. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  4. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  7. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  8. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

  10. 東洋ゴム、経営再建を託された駒口会長が一身上の都合で退任

アクセスランキングをもっと見る