VW グループの排ガス問題、ガソリンエンジンにも拡大

自動車 ビジネス 企業動向

米国で幅広い車種にターボディーゼルの「TDI」を設定するフォルクスワーゲン(参考画像)
  • 米国で幅広い車種にターボディーゼルの「TDI」を設定するフォルクスワーゲン(参考画像)
  • ドイツ・ウォルフスブルクのVW工場(参考画像)
一部ディーゼルエンジンに、排ガス試験を不正にクリアする違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。この問題が、ガソリンエンジンにも拡大した。

これは11月3日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。同社は、「社内調査の結果、排ガス中のCO2排出量の認定値が、実際の排出量よりも低い車両が見つかった。およそ80万台で、大部分がディーゼル車」と発表している。

「大部分がディーゼル車」という発表が、ガソリン車も含まれることを示唆。従来、フォルクスワーゲングループの排ガス不正は、一部ディーゼル車だけの問題と見られていた。この問題が、ガソリン車にも拡大したことになる。

なお、フォルクスワーゲングループは、CO2性能に問題があるガソリンエンジンの詳細を明らかにしていない。結果次第では、ガソリンエンジンが主力の中国や日本にも、影響が及ぶ可能性がある。

フォルクスワーゲングループのマティアス・ミューラーCEOは、「徹底的かつ総合的な解明が、我々の唯一の選択肢」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  2. 三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

    三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  5. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  6. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  7. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  8. 日産、通期利益予想は据え置き…営業利益9%減 第1四半期決算

  9. 日産の第1四半期決算、円高で4期ぶりの営業減益も「対応力はついている」

  10. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら