【東京モーターショー15】ポルシェ、2台をワールドプレミア…「日本のファンを重視」

自動車 ニューモデル モーターショー

東京モーターショー15 ポルシェブース
  • 東京モーターショー15 ポルシェブース
  • ポルシェ マカンGTS
  • ポルシェ マカンGTS
  • ポルシェジャパン代表取締役社長七五三木敏幸氏
  • ポルシェAG、911カレラ4ディレクターのDr.エアハルト・メスレ氏
ポルシェは東京モーターショー15において、『マカンGTS』と、『911カレラ4』をワールドプレミアした。

あえて東京を世界初公開の場に選んだ理由について、「日本のユーザーや、ファンとの関係をポルシェがいかに重視しているかの表れだ」とは、ポルシェジャパン代表取締役社長七五三木敏幸氏の弁。前回の東京モーターショー13では、最近ポルシェのCEOに就任したDr.オリバー・ブルームが『マカン』を発表。「その時彼は、日本のユーザーがポルシェに対して抱いている熱い情熱について語った。そして、この情熱は、今も高まり続けているのだ」という。その結果、2014年、ポルシェジャパンの車両販売台数が、初めて年間5000台を上回り、前年比19パーセント増となった。七五三木氏は、「本年度も、新たな記録を打ち立てるほどの勢いを維持している」と好調さをアピール。

ポルシェにとって日本は、「アジアの中でも最も古くから存在する市場であり、ポルシェに関する深い歴史がある国だ」と七五三木氏。そして、「日本のユーザーは、ポルシェ911に対して特に熱い思いを抱いており、昨年ポルシェが日本で販売した車両のうち、約3分の1が 911モデルだった」とコメントし、「これは世界平均の2倍に相当するすばらしいものだ」と評価した。

東京モーターショー15のために来日したポルシェAG、911カレラ4ディレクターのDr.エアハルト・メスレ氏は、「911は我々のスポーツカーの象徴であり、マカンは、コンパクトSUVのスポーツカーだ。しかしこの2台にはポルシェのエンブレム以上の共通点がある」と話す。それは、「ポルシェの先進アクティブ 4WDシステムが搭載されている」とし、今回発表する2台は「マカンと 911に与えられたスポーティー性に対する評価を更に高めるものだ」と述べた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  3. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

    【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  4. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  5. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  6. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  7. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  8. 【パリモーターショー16】スマート 新型にEV、初公開へ

  9. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

  10. ポルシェ 911 史上最強!?「GT2 RS」がニュル降臨

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら