【東京モーターショー15】オフロードの走りにこだわり…ホンダ アフリカツイン 新型

モーターサイクル 新型車

ホンダCRF1000L Africa Twin(東京モーターショー15)
  • ホンダCRF1000L Africa Twin(東京モーターショー15)
  • ホンダCRF1000L Africa Twin(東京モーターショー15)
  • ホンダCRF1000L Africa Twin(東京モーターショー15)
  • ホンダCRF1000L Africa Twin(東京モーターショー15)
  • ホンダCRF1000L Africa Twin(東京モーターショー15)
  • ホンダCRF1000L Africa Twin(東京モーターショー15)
  • ホンダCRF1000L Africa Twin(東京モーターショー15)
  • ホンダCRF1000L Africa Twin(東京モーターショー15)
昨秋のEICMA イタリア・ミラノショー(国際モーターサイクルショー)で初公開され、瞬く間に世界中のバイクファンの間で注目の的となった『CRF1000L Africa Twin』が、東京モーターショー15のホンダブースで本邦初公開されている。

「広大な大地を走り抜け、様々な場所に行くことを可能とする夢の実現」を開発コンセプトとし、オフロードでの走行を可能としながら日常の使い勝手の良さも追求した大型アドベンチャーモデル。

新開発の1リットルエンジンは、コンパクトな直列2気筒270度クランクによる抜群のトラクション性能を持ち、軽量なセミダブルクレードルフレームの採用によってオフロードでの優れた走行性能とオンロードでの軽快感と安定感を兼ね備えたハンドリングを実現。

さらに、ABS、ホンダ セレクタブルトルクコントロールを標準装備するほか、コントロール性能を向上させたデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を搭載したモデルもタイプ設定している。

開発テストを担当した本田技術研究所 二輪R&Dセンターの工藤哲也氏は「オフロードでの走りにもこだわった」という。

「道さえあれば、どこまでも走れる走破性。従来の大型アドベンチャーモデルでは、入っていくのを躊躇ってしまうようなダートも、アフリカツインなら行けます」(工藤氏)。

1000という排気量を選んだのは、重量とパワーのバランスがベストだと考えたから。

車体色は、ダカールラリー参戦マシン『CRF450 RALLY』のイメージを踏襲したCRFカラーをはじめ、トリコロール、シルバーの設定を予定している。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

    トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  2. ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

    ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

  3. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  5. ヤマハ、ナイジェリアに再参入…二輪新工場を開業

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  7. 【東京モーターサイクルショー16】高級バイクがずらり、最高価格はなんと1360万円…モトコルセ

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

  9. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

アクセスランキングをもっと見る