【東京モーターショー15】マイクロEVの新たな可能性…ホンダ MBEVコンセプト

自動車 ニューモデル モーターショー

スマートモビリティシティに展示されているホンダMBEVコンセプト
  • スマートモビリティシティに展示されているホンダMBEVコンセプト
  • インテリアはシンプルなもの
  • バッテリーはリアから差し込まれる
  • バッテリー2本で航続距離は30km程度なので、観光地などでの使用を想定か
東京ビッグサイトで開催中の東京モーターショー15。西ホール3、4にある「Smart Mobility City」のゾーンは前回よりも充実ぶりが著しい。

ITSなど実感しにくい、想像が難しいモノよりも、自動運転やマイクロEVといったイメージしやすい未来の姿が増えて、単純に近未来の乗り物を見て触って、モノによっては試乗できる。新型『プリウス』も、東ホールのトヨタブースよりゆっくりと眺められる穴場だから、ぜひ訪れることをお勧めする。

ホンダのブースには東ホールにはない、ユニークな乗り物が展示されていた。MBEVコンセプトと名付けられたそれは、二人乗りのマイクロEV。モバイルバッテリーを搭載し、少々の不整地なら走っていけるようなバギー風のルックスだ。ロールケージ風にむき出しにされたフレームや丸いライト、ボクシーなシルエットなどホンダらしい遊び心に満ちたデザインがいい。トヨタの『キカイ』もユニークだが、実現の可能性からいって、こちらの方が魅力的に思える。

1回の走行可能距離は30km程度らしいが取り外して持ち運べるバッテリーを搭載しているので、観光地などではバッテリーを次々に交換することで1日中活躍することができそうだ。森の中を走っても空気を汚さないEVだけに離島などのレジャービークルとして非常に魅力的。マイクロEVの法整備が整ったら、こんな楽しい乗り物で街を走れるかもしれない。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

    【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

  2. トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

    トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

  3. ルノー アラスカン、間もなくデビュー…新型ピックアップトラック

    ルノー アラスカン、間もなくデビュー…新型ピックアップトラック

  4. シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

  5. ポルシェ パナメーラ 新型、「4S」は2.9ツインターボ440馬力

  6. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  7. スバル、レヴォーグの最上級グレード STIスポーツ発売…代官山T-SITEで特別展示

  8. 【MINI コンバーチブル】MINIを感じさせながらも、洗練されたデザインに

  9. スズキ スーパー キャリイ、インドから輸出開始

  10. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

アクセスランキングをもっと見る