【東京モーターショー15】マイクロEVの新たな可能性…ホンダ MBEVコンセプト

自動車 ニューモデル モーターショー

スマートモビリティシティに展示されているホンダMBEVコンセプト
  • スマートモビリティシティに展示されているホンダMBEVコンセプト
  • インテリアはシンプルなもの
  • バッテリーはリアから差し込まれる
  • バッテリー2本で航続距離は30km程度なので、観光地などでの使用を想定か
東京ビッグサイトで開催中の東京モーターショー15。西ホール3、4にある「Smart Mobility City」のゾーンは前回よりも充実ぶりが著しい。

ITSなど実感しにくい、想像が難しいモノよりも、自動運転やマイクロEVといったイメージしやすい未来の姿が増えて、単純に近未来の乗り物を見て触って、モノによっては試乗できる。新型『プリウス』も、東ホールのトヨタブースよりゆっくりと眺められる穴場だから、ぜひ訪れることをお勧めする。

ホンダのブースには東ホールにはない、ユニークな乗り物が展示されていた。MBEVコンセプトと名付けられたそれは、二人乗りのマイクロEV。モバイルバッテリーを搭載し、少々の不整地なら走っていけるようなバギー風のルックスだ。ロールケージ風にむき出しにされたフレームや丸いライト、ボクシーなシルエットなどホンダらしい遊び心に満ちたデザインがいい。トヨタの『キカイ』もユニークだが、実現の可能性からいって、こちらの方が魅力的に思える。

1回の走行可能距離は30km程度らしいが取り外して持ち運べるバッテリーを搭載しているので、観光地などではバッテリーを次々に交換することで1日中活躍することができそうだ。森の中を走っても空気を汚さないEVだけに離島などのレジャービークルとして非常に魅力的。マイクロEVの法整備が整ったら、こんな楽しい乗り物で街を走れるかもしれない。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

    【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  2. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

    テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  3. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

    【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  4. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  5. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  6. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  7. 【日産 セレナ 新型】オーテック、カスタムモデル や福祉車両を発売

  8. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  9. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら