【東京モーターショー15】ニュル7分28秒の鬼レース仕様、BMW M4 GTS 見参

自動車 ニューモデル モーターショー

BMW M4 GTS。左からBMWグループ・デザイン本部長のエイドリアン・ファン・ホーイドンク氏、BMW M社社長のフランシスカス・ ファン・ミール氏、BMWジャパン代表取締役 ペーター・クロンシュナーブル氏
  • BMW M4 GTS。左からBMWグループ・デザイン本部長のエイドリアン・ファン・ホーイドンク氏、BMW M社社長のフランシスカス・ ファン・ミール氏、BMWジャパン代表取締役 ペーター・クロンシュナーブル氏
  • BMW M4 GTS(東京モーターショー15)
  • BMW M4 GTS(東京モーターショー15)
  • BMW 新型 7シリーズ(東京モーターショー15)
  • BMW 新型 7シリーズ(東京モーターショー15)
  • BMW 新型 7シリーズ(東京モーターショー15)
  • BMW M4 GTS(東京モーターショー15)
  • BMW M4 GTS(東京モーターショー15)
BMWは、東京モーターショー15において『M4クーペ』のレース仕様車『M4 GTS』を世界初披露した。1986年に生産を開始したBMW『M3』の生誕30周年を記念する700台限定の特別仕様車で、日本市場にも割当てられる予定。

M4 GTSのステアリングを自ら握って登場したBMW M社社長のフランシスカス・ ファン・ミール氏は、冒頭でMおよびMパフォーマンス・オートモービルの世界販売は2014年に4万5000台に達したことを報告。これは前年比44%という大きな伸びで、好調ぶりをアピールした。

「今回、東京モーターショーで世界初公開するこのM4 GTSは、チタンマフラーやウォーター・インジェクションの採用により、最高出500馬力を発生する。0-100km/h加速は3.8秒、ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分28秒を記録した。歴代のM3、現行のM4から受け継ぐBMW Mのスポーツスピリットを注いだスペシャルモデルだ」と述べ、Mの伝統を受け継ぐ最高峰のスポーツモデルであることを強調した。

BMWのプレスカンファレンスでは、このほかアジア初披露となる『7シリーズ』も合わせて発表された。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

    【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  3. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  4. アルピナ版 5シリーズ ツーリング「B5」早くも目撃

  5. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  6. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  7. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  8. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  9. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

  10. 【日産 セレナ 新型】9月発売予定のプロトタイプ、詳細を撮影[写真蔵]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら