【東京モーターショー15】復活のマツダ「RX」…ロータリーエンジン SKYACTIV-R に込めた想い

自動車 ニューモデル モーターショー

マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
マツダは10月28日に開幕した東京モーターショー15において、コンセプトスポーツカーのマツダ『RX-VISION』を初公開した。

マツダは2012年6月をもって、『RX-8』の生産を終了。以来、ロータリーエンジン搭載車は、途絶えていた。RX-VISIONはコンセプトカーではあるが、およそ3年ぶりのロータリーエンジン搭載車の復活となる。

1967年の『コスモスポーツ』以来、ロータリーエンジンは、マツダの「飽くなき挑戦」を象徴するもの。RX-VISIONは、次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載。マツダの夢を表現したモデルとして登場した。

RX-VISIONは、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)」にもとづき、マツダが考える最も美しいFRスポーツカーの造形に挑戦。同時に、次世代ロータリーエンジンのSKYACTIV-Rを搭載した「マツダが将来、実現したい夢」を表現したモデル。

マツダは現在、ロータリーエンジンを生産していないが研究と開発は継続。マツダによると、SKYACTIV-Rという名称には、SKYACTIV技術の開発時と同じく、「常識を打破する志と最新技術をもって、課題解決に取り組む」という意味を込めているという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

    日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

  2. フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

    フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

  3. 【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

    【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

  4. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  5. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  6. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  7. 【IIHS衝突安全】メルセデス GLE、トップセーフティピック+に指定

  8. 【シボレー キャプティバ】多目的に使え、空間効率が高いのが優位

  9. 【カーグッズ】チャイルドシート事情…忘れがちな「子どもの快適性」

  10. メルセデス Eクラス ワゴン 新型、3種類の個性[動画]

アクセスランキングをもっと見る