【東京モーターショー15】復活のマツダ「RX」…ロータリーエンジン SKYACTIV-R に込めた想い

自動車 ニューモデル モーターショー

マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
  • マツダ RX-VISION
マツダは10月28日に開幕した東京モーターショー15において、コンセプトスポーツカーのマツダ『RX-VISION』を初公開した。

マツダは2012年6月をもって、『RX-8』の生産を終了。以来、ロータリーエンジン搭載車は、途絶えていた。RX-VISIONはコンセプトカーではあるが、およそ3年ぶりのロータリーエンジン搭載車の復活となる。

1967年の『コスモスポーツ』以来、ロータリーエンジンは、マツダの「飽くなき挑戦」を象徴するもの。RX-VISIONは、次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載。マツダの夢を表現したモデルとして登場した。

RX-VISIONは、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)」にもとづき、マツダが考える最も美しいFRスポーツカーの造形に挑戦。同時に、次世代ロータリーエンジンのSKYACTIV-Rを搭載した「マツダが将来、実現したい夢」を表現したモデル。

マツダは現在、ロータリーエンジンを生産していないが研究と開発は継続。マツダによると、SKYACTIV-Rという名称には、SKYACTIV技術の開発時と同じく、「常識を打破する志と最新技術をもって、課題解決に取り組む」という意味を込めているという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

    クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  3. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

    【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  4. VW ゴルフR ヴァリアント、カーボンミラー採用の限定モデル発売

  5. アウディ A7スポーツバック 次期型を初スクープ! ボディ拡大、自動運転も

  6. レクサス LX 570、ランクル 200 とオフロードテスト[動画]

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ】スポーティネスと質感の両方を表現

  8. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  9. GMジャパン若松社長「キャデラック XT5 と新型シボレー カマロ を2017年に発売」

  10. BMW 5シリーズ 次期型、「リモートビュー3D」採用へ…スマホで操作

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら