チーム無限、マン島EVレース優勝マシン「神電」を披露

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2015マン島TTレース TT Zero Challengeクラス優勝車、TEAM 無限の神電 四(SHINDEN YON)。
  • 2015マン島TTレース TT Zero Challengeクラス優勝車、TEAM 無限の神電 四(SHINDEN YON)。
  • 2015マン島TTレース TT Zero Challengeクラス優勝車、TEAM 無限の神電 四(SHINDEN YON)。
  • 2015マン島TTレース TT Zero Challengeクラス優勝車、TEAM 無限の神電 四(SHINDEN YON)。
  • 2015マン島TTレース TT Zero Challengeクラス優勝車、TEAM 無限の神電 四(SHINDEN YON)。
  • 2015マン島TTレース TT Zero Challengeクラス優勝車、TEAM 無限の神電 四(SHINDEN YON)。
  • 2015マン島TTレース TT Zero Challengeクラス優勝車、TEAM 無限の神電 四(SHINDEN YON)。
  • 2015マン島TTレース TT Zero Challengeクラス優勝車、TEAM 無限の神電 四(SHINDEN YON)。
  • 2015マン島TTレース TT Zero Challengeクラス優勝車、TEAM 無限の神電 四(SHINDEN YON)。
2015マン島TTレース TT Zero Challengeクラスにて、2年連続で1-2フィニッシュを達成したTEAM 無限の『神電 四(SHINDEN YON)』が、10月26日ツインリンクもてぎにて披露された。

そのスタイルはまるでMotoGPマシンのように研ぎ澄まされており、平均時速およそ188kmを誇るポテンシャルの高さをうかがわせる。

車体サイズは1000ccクラスのスーパースポーツモデルとほぼ同サイズで、ハンドル左側にあるレバーがクラッチのためのものではなく、スクーターや自転車と同じようにリアブレーキ用であることがわかる。モーターがゆえにシフトチェンジの必要がないからで、フットペダルは一切見当たらない。

フレームはCFRP製ツインスパータイプで、出力370ボルト以上のラミネート形リチウムイオンバッテリーを満載。モーターは約150PSを発揮する三相ブラシレスモーターで、油冷式を採用。最大220Nmというトルクを生み出す。

ライダーはメーターパネル上でバッテリー残量を把握できるほか、シートカウル上に全電源をカットできるエマージェンシーボタンがあることや、存在を周知に知らせるためにホーンを装備していることもわかった。

『神電』とネーミングされるチーム無限の電動マシンは、初参戦した12年以来着々と進化し、今季のマシンは4年目を意味し車名の末尾に「四」がつく。

マン島TTは英国領マン島で毎年開催され、107年もの歴史があるオートバイおよびサイドカーによる公道レース。世界でも数少ない公道レースということもあり、世界中から数多くのファンが観戦に訪れる。

TT Zero Challengeクラスはガソリンを燃料とするレシプロエンジンではなく、電動モーターなど排ガスを出さないパワーユニットによるマシンの世界最高峰のレースで、島内1周およそ60kmのコースでタイムを競う。

神電 四に乗るジョン・マクギネス選手は18分58秒743のクラスレコードタイムを樹立し優勝。チームメイトのアンスティ選手もわずか4秒差でゴールし、チーム無限が2014年に続く1-2フィニッシュを達成している。

そのラップタイムはスーパースポーツ600ccクラスの25番手あたり、1000ccクラスでも50位に相当するもの。

ツインリンクもてぎには、マクギネス選手と開発ライダーを務めた宮城 光氏も駆けつけた。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【鈴鹿8耐】夜の鈴鹿をNinja H2Rがデモラン、驚きの加速にスタンドから歓声

    【鈴鹿8耐】夜の鈴鹿をNinja H2Rがデモラン、驚きの加速にスタンドから歓声

  2. 【鈴鹿8耐】決勝前は走りも見られる! 史上最速のNinja H2Rたちを披露

    【鈴鹿8耐】決勝前は走りも見られる! 史上最速のNinja H2Rたちを披露

  3. 父親のブガッティ ヴェイロン、13歳少年が全開走行…325km/h出す[動画]

    父親のブガッティ ヴェイロン、13歳少年が全開走行…325km/h出す[動画]

  4. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロがポールポジション獲得…2年連続の2分06秒台

  5. 【鈴鹿8耐】4耐決勝は波乱の展開に…優勝はAstra Honda Racing Team

  6. 【鈴鹿8耐】ポールポジションから連覇を狙う、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  7. 【鈴鹿8耐】連覇に手応えあり…YAMAHA FACTORY RACING TEAM 吉川和多留監督

  8. 【鈴鹿8耐】2番手スタートは名門、ヨシムラ スズキ Shell ADVANCE

  9. 【鈴鹿8耐】ヤマハ・ファクトリーが唯一の2分06秒台で予選トップタイムを記録

  10. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら